スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供手当てに関して考えてみた


民主党・国民新党・社民党の共通政策が発表された。

民主党、社会民主党、国民新党の3党の共通政策を発表

8月30日で政権が交代したとしたら、この単独のマニフェストよりも共通政策の方が実際に実施される可能性が高いのではないかと思う。

このマニフェストでも、子供手当てということに関してはしっかりと触れられていて、間違いなく政権交代した暁には子供を持っている家庭に補助金が支給されることは間違いないだろう。

さて、この子供手当てなのだけれども、考えてみると子供を持っている人たちのみに有効な政策ではない。
子供手当てを受け取った人が、このお金を元に必要なものを買う。それはお店の売り上げを上げ、お店の従業員にもお金が入る。そうやって順次お金が回っていくことになる。

結果、かなりの経済効果があることは間違いない。子供手当てを貰わない人でも間接的にお金が支給されるような形になる。

公共事業とは、今ではばらまきなどとあしざまに言われているのだけれど、本当は地方にお金を回すための仕組みであって公共事業で地方にお金を回して、経済を潤わせるということが目的だった。今では利権が強く絡んでしまっているため、そこを攻撃されることがあるが。。。

この子供手当ては、子供のいる家庭に直接お金を支給することで、公共事業で建築業界が利権がらみとなるようなことを起こさせることなく、経済効果を期待できるのだ。

そういう意味で、本当に暮らしに直結した経済効果も持っていることは間違いない。

民主党は経済政策について、成長戦略について語っていないと思われているが、実はそのあたりもかなり考えられていて、よくよく調べていくと、かなり良くできていると思う。自民党やマスコミなどが財源などというのは、予算の蓋を開けてみればわんさかと財源は出てくることは解りきっていることであって、気にしなくて良い。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■賛同します

はじめまして。
子供手当てを自公支持者は「ばらまき」と言ってはばからない。無駄な公共工事を長年「ばらまき」しておきながら何だと言いたい思いです。
政権交代是非して欲しいです。

2 ■Re:賛同します

>marippe2009さん
その通り、言葉の意味をしっかり考えれば、ばらまきではありませんね。
この民主党の子供手当てというものは、海外では高い評価を受けていて、これで成長戦略が描けると言われているらしいです。日本のマスコミはあまりに政権寄りになりすぎて、こういう自民党にとって都合の悪い海外のメディアからのニュースは紹介しませんね。

元々公共事業は必要なものなのですが、いつの間にか利権の温床となってしまっている以上、直接国民にお金を渡して消費の底上げを計れる子供手当てというものは重要ではないかと思います。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。