スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飢餓がどうしておこるのかを考えてみる


毎年、飢餓で何億人という人が苦しみ、そして何千万人という人が亡くなっている。
私が子供の頃から、アフリカでは水不足・食糧不足の国や地域がたくさんあって、そこでは多くの人が死んでいるのだと教えられた。

そういうことを聞かされながらも、それは遠い国のことなのだ、だから私たちには関係ないのだという風に社会では扱ってきた。でも、これはよくよく考えてみると恐ろしいことだ。なんていう社会に生きてきたのだろうと思わないだろうか。

その飢餓の原因には格差問題というものがあって、飢餓を抱えている国は総じて貧しいのは間違いない。水が降らない、土地が乾いて砂漠化してしまっているなどで農業ができない。だからといって食べ物を海外から買うお金がない、というものだ。

だが、実はもっと根本的な問題があって、地球上には人類全体に行き渡るだけの食料は生産できないらしいのだ。もし、格差が完全に解消されたとしても、食物が地球上に住む人全員を支えることは現実問題としてできないのだ。常にそこには飢餓が付きまとう。

ここで、菜食と肉食というものがある。肉食だけでは1人しか食べられない土地でも、そこで穀物を作ると10人が食べられるというものである。
以前、学校などで習った、食物連鎖のピラミッドを思い出してほしい。肉食というものはそのピラミッドで上の方の動物を食べることになる。菜食というのはピラミッドの下の方の植物を食べることになる。上の方よりい下の方の食物を食べる方がより多く食べられることは、直感的にわかると思う。

つまり肉食から菜食に切り替えることで、飢餓が解決する可能性は大きいのだ、実際、試算では、地球上の人間全てが完全菜食だと100億人くらいまでの人口がまかなえるといわれている。

食について考えるなら、こういうことは見逃せることではないと思うがいかがだろうか。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

確かに貧困にあえぐ国家は多いようですね。
飲み水すらままならない国もある。
食糧の生産性を上げなければいけないでしょう。
課題は各地で起きる紛争の解決ですかね。

2 ■心に冒険を?夢を抱きしめたくて?

人間肉なんかごくたまに付き合い程度に食べときゃいいんですよ
普段は精進料理でオーケー

会長、とりあえず東京行った暁は精進料理おごってください。

3 ■Re:無題

>おいらは、ちびのり。斉天大聖!さん
牧畜というのは、食料の生産性が低いので、まずは全ての人に食べ物がいきわたるような、穀物生産ですね。南米などでは牧畜のために森林破壊もされているようです。
個々の紛争はよくわかりませんが、イラク・イスラエルのような戦争は裏に軍需産業があってそこが儲けるシステムですね。

4 ■Re:心に冒険を?夢を抱きしめたくて?

>葵さん
精進料理のお店知らない。。。でも探しておきます?。

普段は精進料理というより粗食wご飯と納豆、味噌汁とか、あと魚を一品とか。。。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。