スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どれだけ事実を見抜けるかを学ぶことが日本国民の課題だと思う


今は情報社会でいろいろな情報が飛び交います。

でも、その情報は利権を持っている人や利権を手に入れたい人によって歪められた事実もあります。

そういうものをしっかりと見極める目を持つことが日本国民の課題だと私は思います。

マスコミは色々な情報を発表するのですが、そのうちのどれが本当でどれが本当のことでないか、私達はそれをそのまま正しいものとしてしまう前に、それって本当に事実なの?と確かめることが利権を自由に操りたい人に騙されないために必要となります。

大企業は自分達の利益のために嘘を言いますね。特に経団連は酷いものです。例えば消費税増税は必要でないのに必要であるようなことを言います。

また、マスコミも大企業の一つで、自分の利益をまず第一に考えます。そしてその広告収入は・・わかってますよね?大企業からのものです。

官僚は自分達の利権があります。天下りがありますよね。国家予算から天下り費用を捻出させるために、時の与党を使います。

まず、基本としてこのような利害関係があるわけです。

そしてその国民の政治の代表、政治家達が国会に集うわけですが、はてさて、マスコミや大企業や官僚にとって都合の良い政治家はマスコミや大企業や官僚は攻撃しないのは利害関係からわかりますね。

そして彼らにとって都合の悪い政治家には大きい問題でなくとも、事実を針小棒大に伝え、執拗に攻撃します。

だからマスコミや大企業、官僚たちが持ち上げる人たちは、彼らにとって都合がいい人物なのだと言えます。

国民の中でも既存利権からの攻撃の槍玉に挙げられる人もいます。そういう人は社会的抹殺の対象となります。やはり彼らに対しては罪を擦り付けられたり、捏造されたりすることだってあります。

そして、マスコミなどといったものは情報を操り、都合の悪い本当のことは伝えず、彼らにとって都合のいい捏造されたり歪曲された事実を伝えます。

まず、社会とはそういう仕組みなのだと理解しましょう。

こんなことはもちろん学校では教えませんけどね。

これを読んで本当にマトリックスみたいな世界だと思いませんか?


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。