スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミや国家というものは、信じてはいけないよ


色々なことが、日本国内や世界で起こっているけれど、私がいいたいことはマスコミとか国家とかって国民の味方ではないよ、ということ

例えば、国家なんて自分達に都合の悪いことは決して表に出そうとしない。

例えば、この前の足利事件で菅谷さんが冤罪の濡れ衣を着せられたとして釈放されたけれど、DNA鑑定で不一致なのに検察や警察は自分達の誤りを認めなかったし、警察によって自白させられた取調べ時は、ひどい暴力を菅谷さんは受けたという。
でもその取調べの内容を録音録画するという取調べ可視化法案には、自民党と公明党は反対している。なぜ反対するのかって?そりゃあ、政府に都合の悪い人物を取り調べるのに録画や録音されたくないでしょ?

マスコミなんてのも全く信用できない。
マスコミも国民の代表では全然ないし、だって郵政の西川社長なんてかんぽの宿という国民の資産を格安でオリックスとかに売却してるんだよ。なのに西川社長継続なんて言ってる。国民は西川は辞めさせろって言ってるのにね。おかしいよね。
郵政民営化だって、その仕組みは怪しくて日本国民の財産を外資が手に入れられるような仕組みなのにそれを報道しないだよね。
マスコミって、権力者などに都合のよい情報だけを流したり、事実を捻じ曲げて報道したりするんだ。
だから絶対に信じちゃダメなんだよね。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。