スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自立国家として真の独立を目指そう!


日本は戦後独立したような体裁がとられたけれども、いまだ実質的な意味では独立していません。

日本に在日米軍が存在することを考えればわかります。本当に独立しているなら、外国の軍隊が日本に存在するっておかしいのです。戦争に負けた後、形では独立してもその処理はまだ済んでいないのです。

なぜ、今までの戦後60年もの政治で在日米軍が国外退去されていないのでしょうか。「思いやり予算」という「在日米軍駐留経費負担予算」を組んでまでなぜ在日米軍が駐留しているのでしょうか。

でも悲しいかな、日本はいまだ本当には独立していないから、そういうことはできなくなってしまっているのです。アメリカ政界に本当のところは支配されていながら、それが表に出てきてなかったこともあって、日本国民は気付く人は少なかったのだけれども。

田中角栄氏を失脚させたロッキード事件や社会党委員長だった浅沼稲次郎刺殺事件にはアメリカCIAが関わっていた事が明らかになりつつあります。これらは戦後政治ではとても重要な事件だったわけで、それにアメリカCIAが関わっているとは日本の政治って一体何?と思いませんか。

私は今まで日本の政治というものに、すごく違和感がありました。何で政権交代が何十年も行われないのだろうと。何となく構造的な仕組みがあって、政権交代が成し遂げられないのだろうと、漠然と感じていました。そういうこともあり、実は今まで選挙に行ったのは一回しかありません。

でも、リーマンショック以降、様々なことが起こり始めて、闇の権力というものが表に出てきた。これでさすがに多くの人は気付いたな、と思うのです。

今までの日本を捕らえていたアメリカからの楔から自由になるチャンスがやってきて、これは日本にとって独立の契機だと感じているから、絶対に総選挙に行きます。

政権交代、これは独立への第一歩を歩むことになると思います。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。