スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境問題について、しっかり考えよう


この頃はよく環境問題が取り上げられる。

例えば多くの人々は車を使っている。それらの車は新しかったり古かったりする。
そして、政府は環境問題を解決するために、補助金を出してハイブリッドカーを買うように勧める。これに違和感を覚えない人はいないだろうか?環境問題を考えるならば、車は所持しないのがベストに決まっている。もし車を所持していたとしたら、それを最後まで使い切ること、そしてあまり走らないようにするのがいいだろう。
それを政府がお金を出してハイブリッドカーを買わせようとし、そしてETCでの高速道路料金を安くしてがんがん車を走らせようとする。因みに車の排気ガスを1%削減することは、スーパーのレジ袋を全廃するより二酸化炭素を排出しないらしい(しかし私は二酸化炭素は環境問題とは実質何の関係もないと思っているが)

こんな変な環境問題への取り組みがあるだろうか、と私達は自問自答するべきだと思う。

こういうのは実際は環境問題を食い物にするビジネスというべきであって、環境問題の解決にはなっていない。むしろ悪化させていると考えて良い。


二酸化炭素を地球温暖化の原因にする向きがある。しかしそうではないことは前ブログにて説明した。
これの目的は、二酸化炭素というものの排出権を売り買いすることでビジネスとして成り立たせようとしているだけである。本当にこれが大問題だったら、地球の人類全てに向けて、車を使わないように言うなどするだろうが、そんなことを国家や企業は言わない。そういうことをしっかり見ることが出来るなら、国家や企業の目的はお金が目的だからというのは解るだろう。

私達はそんな人たちの手前勝手なビジネスなどに付き合う必要はないと思わないだろうか?

そろそろ、本当の環境問題について考えるべき時に来ていると感じないか?


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■免許がない私は勝ち組w

しかしながら仕事の絡みでとる羽目になりそうです。
まあ、車は買いませんけど。

2 ■同感です

車は持たないのが一番のエコだと
私も思っていました。
でも日本の経済は
車で支えられいる現状を知り、
答えが出せずにいます。。。苦笑

3 ■ビジネス

私も疑問を感じています。
CO2による温暖化は一因であるかもしれないけれども,それがすべてではないと思っています。
ECOという新たなビジネスに取り込まれていくような気がします。
ECOビジネスは突き詰めていくと矛盾が多いです。
ゴア氏は原子力利権に関係があるという話も本当かもしれないですね。

今,調べ物をしているのですが,考える元にしていた統計(たとえば自給率など)も,視点をいろいろ変えてみると,何か違和感があるのです。
統計マジックに気をつけないといけないと思います。
もう少しつっこんで調べてみます。

4 ■angeさんへ

車を持たない私も勝ち組ですw首都圏だとなくても物足りますしね

首都圏で車が必要か…。何か特別な理由がない限りいらないですね。

5 ■Lanaさんへ

車は地方の足としては必要はありますね

でも買い替えに補助金支給はおかしな話で、買い替えを薦めるのではなく、一つの車を20年、30年使えるシステムを考えるべきでしょう。日本の車は性能はぴか一なのですから、数十年持たせる事もできますしね

今の自民党政権は経団連から大量の献金を貰うなどで癒着しているから、そのような企業の利益の発想しか出来ないのでしょうけれど

6 ■老鴉さんへ

ECOビジネスは矛盾が多くておかしな事がたくさんありますね

結局はこういうことは企業が儲けるための仕組みだと思います。ゴア氏が原子力産業と関係のある可能性は高いでしょう

自給率はかなり入り組んでるように思います。一般に言われているのは40%ですが、実際はどうなのか。減反をやめた場合にはどれだけ自給率が回復するか、これらを考え出すときりがないように感じます。

米を日本人の主食に戻す政策を国としてやっていけば自給率はかなり回復する事になるでしょうしね
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。