スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理論の限界(再録)


久しぶりに哲学的な話をします

理論には限界というものがあります。理論は論理で形作られているわけですが、その論理というものにはその論理を超えることについては語りえないのです。

例えば、ヴィトゲンシュタインが論理哲学論考でよく似たことを言っていますね。

論理の限界、それは理論に限界があることも意味しますが、これに現代の人は気付かない。で、合理主義が絶対的に正しいと思い込んでいて、その範囲内で物事が全て説明できると思っている人もいたりします。

例えば、合理主義ということで言いますと、科学的合理主義というものがそのようなものの代表です。

その科学的合理主義というものにも限界があるわけです。つまり科学的合理主義をもってしては語ることができないものがあります。

科学主義では、現実を物質的なモデル(非常に小さい粒子)をもって語ろうとするのですが、この物質的なモデルというものは現実ではなくて、あくまで抽象的な観念とでも呼ぶべきものなのです。

人間の頭の中でそのようなものを想像して、それがあたかも現実にあるもののようにモデル化したものなのですね。

これは例えば、地球と地図というものの関係として考えることも出来るわけです。

地球という現実を、地図の上に書いて見ます。確かに地図から解ることだってありますね。ここに東京があって、西には大阪があってというふうなことは解ります。

でも決して、東京でどんな人が住んで、どんな喋り方をしているかなどといったことについて地図は語ることは出来ない。このお店ではこういうものが売られてて、幾らするとかももちろん解らない。

だから、地図は正しくない!というわけではなくて、地図というものには限界があるわけです。

それと同じように科学というものも、現実に対する論理的なモデルを抽象的に作り上げるものであるので、当然それは現実そのものを語りえず、よって常に限界があるわけです。これは論理モデルの構造的な限界であり、いくら科学が発達しようと越えられない壁です。

例えば、いくら科学式で熱量の計算をして、この物質は何度になるといっても、その物質というのは頭の中にイメージとして作られたもので100度であろうが1000度であろうが熱くはありません。

論理的思考というものはそういうもので、端的に言えば現実そのものを扱っていないともいえるわけです。

それはつまり、いわゆる論理で全て説明するといった西洋の学問というのは現実を扱わない、架空の現象を扱った学問だというのが正しい説明なのです。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■同感です ^^

技術者として、日頃 過去のknow-howを体系化しているもの として使っています。。。
まぁ 仕事をする上では便利です。

それと同時に、限界も切実に感じます。
端的には、、、理論で新しいものは生まれない という現実です。

結局、技術者が新しいことをどうにかまとめた後で、理論ができ解説することが可能になる...と考えています。

一面的な観方でしょうが、、、σ(^_^;)

2 ■コメントありがとうございます

>simpleさん
どうもこの記事は難しいと指摘がありまして、コメントがあると助かりますw

理論というのは人間の頭で考えたに過ぎない説明なのですが、その理論に当て嵌まらない現象が現実に起こった場合はその理論の信奉者はそういう現象をありえないと決め付けてしまうのです。

理論は所詮理論でしかないので、あるないなどの判定は出来ないことがあることに気付いてないのですね。

私の回りには不思議な能力を持った人が多いです。いわゆる霊感とか千里眼とかです。そういうものは西洋的な理論では到底説明がつかないものだけれど、理論の方が常に限界があるのだと解れば、了解できるものなんですね

3 ■霊感や千里眼は

>デュークさん私は持ち合わせていませんが、直感は信じています。一頃流行った 仮説思考に似ていますが、我流です。。。結構当を射ています...しかし 理解して貰うのに時間が掛かります。その孤独、、、楽しんでいますが σ(^◇^;)。。。

4 ■Re:霊感や千里眼は

>simpleさん
昔の人は今の人よりもそういう力はかなり強かったと思います。でも今の人はそういうのを使わなくなって衰えたのではないでしょうか。

非常に危険なので進められませんが、断食をすると五感が研ぎ澄まされます。それと同時に第六感も強く働く人もいるようです。ただ、断食は本当に危険(戻すときには!)なので簡単にはできないのですけどね
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。