スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰謀論に対する思考


「日米同盟の正体 迷走する安全保障」孫崎 享 著 講談社現代新書09年3月20日 発行

陰謀論について面白い記述があったので以下に引用します。

引用始め

第一章で、日本人は戦略的な思考が弱いことを見た。特に謀略、陰謀論的な動きが出ると、「それはあり得ないでしょう」と思考を停止する。そもそも陰謀論的な動きは発覚しないことを目指している。謀略は通常人的犠牲を払い、その犠牲に対する怒りを利用して目標を達成する。犠牲者を考えれば、謀略を行ったことは口が裂けても言えない。当然責任者は否定する。百パーセントの確証が出ることはない。こうして信頼に足る人は陰謀論には手を付けない。ますます、日本人は陰謀・謀略を理解できなくなる。(p69)

しかし、日本のどこに陰謀・謀を真剣に学んでいる所があるだろう。官庁にない。大学にない。研究機関にもない。ときどき、いかがわしい書籍が出て陰謀論を説き、知識階級はますます陰謀論を馬鹿にして遠ざかる。日本に対して「謀」を仕掛ける国からすれば、日本人が陰謀論、謀を一笑に付して、知識人がそうした戦略に何の考慮もはらわないことくらいありがたいことはない。(p84)

引用終わり

また、米国の安全保障政策では、よく謀略が使われるとして、その理由を以下のように述べている。

引用始め

大統領を含め、安全保障関係者にはなすべき政策がある。第二次世界大戦に戻れば、米国は大戦に参加し、ナチスの暴走を止める必要を痛感している。しかし、米国民は戦争に反対した。ナチスを止めるという行動をとるには、米国民が参戦に同意する契機が必要となる。米国では国民の発言力がどの国よりも強いだけに、国民を誘導する謀略がどの国よりも必要となる。したがって、米国の安全保障政策では謀略は不可分の関係となっている。

引用終わり

本書は日本の安全保障問題について述べており、陰謀論が主題ではありません。米国との「協調」を進めることがいかに危険かについて書かれています。驚きなのはこれが外務省OBの方によって書かれた、ということです。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。