スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何で日本国民の財産をアメリカに貢ぎたいの?


竹中元大臣は、去年の四月ごろにダイアモンド社のビジネス情報サイトに、民営化した郵政はアメリカに出資せよなんて言ってるんですが。もしこのとき出資してたらどうなってたかと思いますか?もし、そんなことをしていたら9月の金融ショックで日本の国民財産のゆうちょとかんぽの資金が大幅になくなっていたわけなんです。

郵政民営化を中心になってやっていた大臣が、そんなことをさせようとしていたということは、郵政民営化はまっとうなものだと思いますか?普通は思わないでしょう?その問題がかんぽの宿売却問題にも現れていたのだと思います。

今の自民党/公明党の政治が続いてしまえば、この郵政民営化によって日本国民の貴重な財産(ゆうちょとかんぽの資金約340兆円)がアメリカに流されて消えてなくなってしまうということですよ。

私は、自民党/公明党支持者が何でそこまでして自分達国民の財産をアメリカに貢ぎたいのか全然理解できないです。普通の神経の人ならそんなことをしないわけですが、このようなことを当然だと思っている人はイカレてるとしかいいようがないと思います。

なので、今年の衆議院選挙ではどうあっても、自民党には政権を握らせてはいけないのです。自民党が政権を握ってしまえば、郵政民営化の問題が触れられなくなるわけです。

現行の郵政民営化に強く反対しているのは、国民新党と社民党です。そして民主党は国民新党と社民党と連立を組むと決めています。つまりこの3つの政党が与党になるならば、この郵政民営化の見直しが行われるはずなのです。

国民の財産を守るために、この事実を広く伝えていくことが重要なのです。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■会長?

竹中さんはアメリカになんか袖の下か弱みかあるんちゃいますやろか?

時のヒーローは、今やガタガタなりましたねえ。

2 ■たぬきさんへ

袖の下はあるでしょうね

でも、それだけじゃなくて日本と日本人に対する恨みがあるのだろうかと思います

何でしょうね
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。