スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婦女暴行事件

こんなの見つけました。


そういえばありましたね。結構話題になったので覚えている人もいるかと思います。


■小泉純一郎婦女暴行事件による損害賠償請求裁判第二回公判は2004年6月15日朝10時20分東京地裁609号法廷。


1.小泉純一郎は、1967年4月、慶応大学の4年生(すでに、2浪、2留年をしていたが、1967年の3月にも卒業できなかったため、3留年が決定していた直後)であったときに、婦女暴行事件を起こして、神奈川県警に逮捕されたことがある。場所は、湘南であり、相手は慶応大学の女学生であった。(当時)

当時、防衛庁長官であった父親の小泉純也氏が政治的圧力を使い、この事件をもみ消したが、学内でうわさの広まるのを恐れ、小泉純一郎氏を急遽1967年の5月にロンドンに留学という口実で日本から出した。これは慶応大学には休学扱いとした。そして、9月から通常始まるロンドンの大学に留学という形をとる予定であったが、英語ができないため、すべて合格できなかった。
 そのため仕方なく聴講生として一般に開放されている大学の講座をとっていた。2年 間ロンドンにいて、とった単位はゼロであった。

2.小泉純一郎氏は、代議士2年目のときにも同様の事件を起こし、このときも逮捕されている。これは相 手は諸事情あるため秘すが(未確認であるが、女子高生だったという話である)、結局示談で処理をした。


小泉氏は、サドの趣味があり、よく相手の首をしめてプレイするという。それで一度 死にそうに相手がなり、半死の状態になってしまった。驚いた 飯島秘書官が500万円を支払い、示談にしたことがあるという。

新橋の芸者の小はんという女性が、小泉とつきあっていたが、そのときに、なぞの死 をとげている。これは自殺として処理されているのだが、別に悩みもなく、人気もあ り、死ぬ理由も動機などなかったという。

死亡推定時刻は、10日の日曜日。
このときに誰かとあっていたのだろうか?
日曜日は国会が休みである。このときに、ちょうど、政治改革関連で、自民党は
とてもすごいストレスにさらされていた。
○ 母親の奥貫和子さんは、「死因は自殺ではない」と明言している。
○ 遺書は存在していない。
○ 走り書きの「つかれました。ごめんなさい」という紙はあったが、
母親は「自殺ではありません」と明言している。
ということは、母親は、その走り書きをみて、「娘の筆体ではない、偽造されている」
とわかったのではないだろうか?
小はんの死因について母親にきいても、無言を通している。
○親しい知人には、「実は小泉さんとの付き合いが原因だった」と言っている。

後で浜田幸一元代議士が、小泉に対して「 この芸者殺し野郎!」と代議士仲間の前で、ののしったことがある。
3人子供を生ませて、離婚をしているが、その離婚の動機も、妻が、小泉の殴る蹴る のドメステイックバイオレンス・家庭内暴力に耐えられずに離婚をした。


以上のデータはもっぱら個人情報のため、小泉氏のプライバシーに関する情報となる。 つまり小泉氏に「過去に婦女暴行事件で逮捕歴があるか」ということを取り扱うと、小泉氏からは「それはプライバシーの侵害だ」といわれることになる。そのため大手 マスメデイアは報道することができないでいる。もっともこの個人情報保護法案を制 定したのは小泉が首相になってからである。

しかし、刑法273条の第二項に示しているように、もしその情報が真実であり、公 の福祉のためであるならば、それは、名誉毀損にはならないとある。個人情報保護法 案より刑法273条の2項のほうが上位に来る法概念である。


<郵政民営化の持論の背景>

これを知っていたために、当時の郵便局長が小泉の反対候補を応援した。その結果、
小泉は落選してしまった。

ここから郵政民営化という持論が始まる。

<小泉純一郎の入院歴>

○婦女暴行事件を1967年4月に起こした直後に、小泉純一郎は、
精神病院で有名な都立松沢病院に入院。

(状況からして強制措置入院であったと思われる。)
診断名は、精神分裂病であった。

2ヶ月間入院。つまり1967年4月から6月まで入院して退院。その後、7月7日
に羽田を出発。ロンドンに留学という名目で日本を離れている。

慶応大学には休学扱いで届出を出している。

○公開プロフィールには、慶応大学卒業後留学と書いているが、彼は帰国後に卒業し
ている。


○ 小泉内閣になってから、精神分裂病という病名は、統合失調症というオブラート
につつんだような名称に変更になった。

精神病院に入院歴のある人物が、一国のトップに就任した例というのはおそらく、戦後初めてのことだろう。 

(以上は全文コピー)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■((((゜д゜;))))

最近息子さんが顔が似てきたなぁと思っていましたのよ…
普通なら厳罰なのに権力とは恐ろしいですわ…

2 ■結構有名な話なんですけどね。

いやはや、怖いものです。

婦女暴行って考えてみると、他の犯罪とは質が違いますよね…。

3 ■(@_@)小泉

これっぽっちも知らんかった。
(@_@)

一時、カッコええ政治家や思てたのに事実ならかなりショックですわ!

4 ■たぬき大明神さまへ

こういう記事は週刊誌にかな?り載ってました。

でもほとんど全て権力で握りつぶされましたよ。

まず、大学の時の婦女暴行と代議士の時の婦女暴行は事実です。

でも芸者の話はわかりませんけどね。。。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。