スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NY株100ドル安 シティは一時1ドル台

NY株100ドル安 シティは一時1ドル台

2009年2月21日6時44分


 【ニューヨーク=山川一基】20日のニューヨーク株式市場は金融不安の高まりで続落。大企業で構成するダウ工業株平均は前日比100.28ドル安の7365.67ドルで取引を終えた。終値としては前日の年初来安値を更新、雇用不安が高まった02年10月の安値水準(7286.27ドル)に迫った。

 取引時間中には一時、前日比216.48ドル安の7249.47ドルをつけた。

 18日にグリーンスパン前連邦準備制度理事会(FRB)議長が講演などで、一部銀行の国有化の可能性に言及した影響で銀行株の売りが止まらず、シティグループは一時36%安の1.61ドルに急落した。シティ株が1ドル台をつけたのは91年1月以来約18年ぶり。


シティって、竹中平蔵氏が日本のメガバンクを支配させようとしていたところです。今は潰れかけてますね。。。


『文藝春秋』2009年1月号の読売新聞の渡邉恒雄氏のインタビュー記事より



「僕は竹中さんから直接聞いたことがあるんだが、彼は「日本の四つのメガバンクを二つにしたい」と明言した。僕が「どこを残すんですか?」と聞くと、「東京三菱と三井住友」だと言う。あの頃はまだ東京三菱とUFJは統合していなかったんだが、「みずほとUFJはいらない」というわけだ。どうして三井住友を残すのかというと、当時の西川善文頭取がゴールドマン・サックスから融資を受けて、外資導入の道を開いたからだと言う。「長銀をリップルウッドが乗っ取ったみたいに、あんなものを片っ端から入れるのか」と聞くと、「大丈夫です。今度はシティを連れてきます」と言った。今つぶれかかっているシティを連れてきて、日本のメガバンクを支配させていたらどうなったか、ゾッとする。」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■盛者必衰ですなあ

先を読んでやるにも、リターンとリスク。
結果は後からやって来る。
人の評価は過程より結果になってますね(^.^)
今、小泉さんと竹中さんに向けられる目がきびしくなってるような気がします。

2 ■たぬきさんへ

かんぽの宿を起点に起こっていることに段々と人々が気が付き始めてるのだと思います。

この二人は郵政民営化の中心人物なわけで、かんぽの宿の問題を追求していくとたどり着きます。

いまだメディアが取り上げたくないニュースであるようですが、そのような偏向報道はいつまで続くやら・・・

これからも注視していきたいものですね
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。