スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本郵政民営化問題

問題が麻生総理の発言問題と摩り替えられそうだが、大事なのは郵政民営化に関わる利権の問題です。


今日も麻生総理は郵政に関してびっくり発言をしました。


郵政民営化に反対だったことは、暫く前に報道されました。


反対であれば、その当時に反対すべきだったのですが。。。


****************************


郵政民営化「国民は内容知らなかった」=05年衆院選振り返り麻生首相
2月10日18時18分配信 時事通信


 麻生太郎首相は10日夕、2005年の衆院選に関し「あの時『(郵政民営化関連法案に)4分社化(が盛り込まれていると)知ってましたか』と言われたら、知ってる人はほとんどいなかった」との認識を示した。さらに「国民が(争点と)感じていたのは、郵政民営化かそうでないかだけだった。(民営化の)内容を詳しく知っていた方はほとんどいなかった」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 首相は9日の衆院予算委員会で「あの時(衆院選)は民営化で問うた」として、自らが見直しに言及した4分社化は争点とはなっていなかったとの認識を表明。10日の発言は、これを補強する狙いからとみられるが、当時の有権者の政策理解に疑問を呈したものと言え、新たな波紋を呼びそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090210-00000147-jij-pol


*******************************


郵政民営化とは明らかに不透明なことが多い政策だったことは解ってきています。


そのことを、不明瞭な発言ながらも総理が認めたということは、とても重要なことだといえます。麻生総理の発言を問題視するような新聞の論調には意味がありません。

問題は郵政民営化を柱とした構造改革が、どれだけ売国奴的政策であったかを明らかにしないといけないのです。


かんぽの宿が1万円などで売られてしまったこと、土地売却が非常に安い値段で行われたこと、今回はまたメリルリンチ日本に6億円ものアドバイザー費用を払うような契約であったこと。


闇の中で決められた郵政民営化の内容とは、いったいどういうものであったかを国民の前に明らかにさせるべきです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■ムムム…

郵政も大事ですがお前らもっと話し合うべき問題や、マスコミも伝えなきゃいけないことがあるだろにゃヽ(*`Д´)ノ

と…思います。


もっと伝書鳩を使うとか画期的なアイデアは……

……いりませんよね。

そうですよね…バッサバッサ…

2 ■おつうさんへ

麻生総理の言い間違えを茶化したりするのはどうでもいいですよね。。。
あと、時事問題を話し合う番組で出演者同士が言い争う、ああいうのはどうでもいいです。

郵政以外にも様々な問題があります。農政、失業などは本腰を入れないといけない問題だと思います。でもそういうところについて建設的な意見は出てこない、出てきても無視されるといった状況なんですよね。

本当に国民の方に向いた政治をすること、その定理に返ればするべきことはおのずと見えるはずなのですけどね。。。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。