スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏に福島へガレキ撤去のボランティアに行った人が突然死という話がこの頃よくある

夏に福島へ瓦礫撤去のボランティアに行った友人が死んだ。9月に死んだ。突然死で。1月に会った時、元気だったのに。いまだに信じられない。京都から浜松まで歩いて帰ったことを自慢にしていた豪快な人物だったのに。



得意先の編集者が「鼻血がドボドボ出て、首にしこりみたいのできたから医者にいったら、何でもないって言われた」って。こんな状況で、安全だって言ってる奴ら、おかしいだろ。



彼が『同級生の掲示板』に書いた内容から察しました。「行政の廃棄物処理施設へ行った」「福島の民家の裏の草むらに入ろうとしたら止められた」等、8月3日に書いていましたが、8月12日に突然死しました。



福島に行った後亡くなった友人のカキコミその4。【東京は数字に神経質になりすぎだよ。それ以上のの放射線を硫黄成分の温泉湯治場で平気で浴びているお年寄りもいるんだから。でも子供達が心配だと言う気持ちはわかるね】おわり



福島に行った後亡くなった友人のカキコミは、「同級生の掲示板」に書かれたものです。私が同 級生に今ある危機について、どう思うか問いていたのですが、皆、放射能の危険性に鈍感でした。そんな中の一つの書き込みでした。彼は「安全」だと思って福 島に行ったのです。そして死んでしまいました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。