スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪のがれき受け入れを知らない大阪人が多い

大阪がれき受け入れ方針発表

http://www.pref.osaka.jp/attach/14374/00000000/syorishishin.pdf

要約、抜粋すると

①放射能汚染濃度は、100Bq/kgまで


②焼却灰の埋め立ての目安は2000Bq/kgまでを目指す

2000Bq/kg超えたらどうするんだろう?

③汚染がれきは、海からコンテナで運ぶけど、コンテナは0.3μSv/hまで

④焼却場はバグフィルターが付いてる所でね

⑤定期的に施設と施設境界の線量測るよ

ちゃんと公表してくれるのだろうか?

正直、読むのがウンザリするPDFだったので、大事なところ他にもあるかも
あったら教えてください。

大阪も否応なしで、受け入れになっちゃうのかな・・・

なんで線量が低いのに、長距離輸送でコストかけて、チマチマ処理しないと、いけないのか?


瓦礫の量が多すぎて復興の妨げになるという人がいるけど、
仮置き場作って、焼却施設作って地元(東北)で処理した方が、地元(東北)が潤うし、イイと思うんだけど、ムリなのかな?
岩手はそんなに人口や産業が密集している地域なのかな?


瓦礫が自然発火するから危険というけど、住宅地の中の仮置き場で発火したら大事だけど、仮置き場の場所次第だよね。(夢の島でもよく自然発火で時折火災が起きてたよね)

現地処理だと数十年単位掛かるっていう人がいるけど、どういう算出方法なんだろう?

て、いうか東北3県のがれき推計量は、約2,260万トン(岩手県約440万トン、宮城県約1,590万トン、福島県約230万トン)みたいだけど、今は線量の低く目の岩手のがれきだけど、もっと多い量で線量もクソ高い宮城、福島はどうするのかな?
(焼却所周辺の地元住人でさえ処理反対してるのに)


いずれにしよ、やはり国が主導で東北の瓦礫を県毎ではなく、東北で一括して処理する方法・流れを作らないとダメだと思うんです。

バカみたいに金ばら撒いて、地方に金掛けかけて運んで分散して処理させて、放射能拡散させて、地元と揉めて。


福島の強制避難区域を決めて、そこに東北瓦礫のまとめた仮置き場を作って、東北の業者で均して、焼却施設を急ピッチで作ってそこで処理するようにした方がイイと思うんですが。

色々問題あるだろうけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。