スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南相馬市・桜井市長インタビュー 2011年4月19日

南相馬市・桜井市長インタビュー 2011年4月19日

2011年4月19日、IWJスタッフが福島入りしました。

9時30分から行われた福島県南相馬市の桜井市長インタビューです。後段には、市長に続いて秘書のインタビューを掲載しています。

市長は、大震災と原発事故による厳しい状態について語っています。一貫性のない国の対応。国、県、赤十字でそれぞれ違う義援金の配り方。そして、真っ先に逃げて電話取材しかしないマスメディア。南相馬市の窮状は広く知らされないまま、職員も市民も苦しい状態が続いています。


現在南相馬市は大震災で大きな被害をうけ、現在でも半数の市民が約300個所に分散して避難している。南相馬市は、福島第一原子力発電所から30km圏内にある。放射線の計測では、市内でもばらつきがあるのに、国は同心円の距離だけを基準にしているために、物流がストップしたまま、宅配便や郵便も届かない。ボランティアも数が非常に少ないという窮状にある。

食料品、医療品が入らなくなった時点で避難所の運営もできなくなってしまった。避難所にいた9000人の市民は、これまで交流のあった他府県の自治体に市民を受け入れてもらっている。災害時に機能すべきコミュニティが、被災や避難で機能しなくなっている。行政のできることには限りがある。

東京電力から工程表が出されたが、その後で燃料棒の損傷について発表されるなど、不安な要素も多い。一日も早い収束を願っているが、職員も市民も不安な毎日が続いている。現在は仮設住宅を建てることもできない状況だが、きめ細かい測定を行い、正しいデータに基づけば、避難区域、仮設住宅も選択肢が広がる。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

原発事故が思わぬところにまで影響を及ぼしていますね。
この状態はおそらく数年続くかも知れません。
確実な情報の把握と発信をお互いに心がけて行きたいものです。

2 ■Re:無題

>藤枝俊一郎さん
ええ、南相馬市はひどい状況です。
こういう状況は数年。。。続くのでしょう。でもその間に放射能を浴びた人たちにひどい影響がたくさん出るだろうと思われます。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。