スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これから東日本の数千万人のうち、数十万人が低線量被ばくの癌で亡くなることになる。

このごろよくテレビなどで、100mS以下なら安全というのは事実ではありません。

放射線というのは、浴びれば浴びるほど危険度が増します。たとえ少しだけ浴びても危険なのです。もっと正確に言えば危険度が高くなるのです。

だからタイトルの通りのことが起こります。悲しいかな、放射線がどういう風に影響するかをテレビでは決して報道しません。

そして、数十万人と言っているのはあくまで癌だけです。癌以外の病気も放射能は引き起こします。また癌で亡くならなくとも、身体の健康を害す人はそれ以上にいると思われます。

今の福島原発は放射能がダダ漏れです。放射性物質の放出をとめるのには数か月はかかるという状態です。そんな状況で梅雨時になればどうなると思いますか?想像してください。

◆近藤誠・慶大医学部講師が緊急寄稿「100ミリシーベルト以下の被曝量なら安心」はウソっぱち!
 2011年4月7日 ゲンダイネット

○専門家なら「低線量被曝でも発がんの可能性あり」と明言すべき
 
福島第1原発事故に関し、マスコミに登場する放射線専門家は安全を強調するが、本当なのか?
日刊ゲンダイ本紙で「やっぱり、がんと闘うな!」を連載中の慶応大学医学部講師(放射線治療科)の近藤誠氏は、「ウソやごまかしが多すぎる」と断じる。

● 数百万人が低線量被曝すれば、数万人ががん死するかもしれない
 
私はどんな患者さんにも、がん告知をします。
患者さんは事実を知ったうえで、その後の行動を選択する自由があるからです。
 
人心を安定させるため、政治家は時に事実を隠すことがあるのでしょうが、それは医師や科学者の“仕事”ではありません。
 
そんな私が“これはひどい”と思うのは「1年間の被曝(ひばく)量100ミリシーベルト(mSv)以下なら安全」という放射線専門家たちの発言です。
 
これはまったくのウソっぱちです。
 
たとえ原子力推進派であっても専門家ならせめて「100mSv以上の被曝と発がんは明確な相関関係にあるが、100mSv以下の低線量被曝のデータは少なく、いまのところ発がんリスクはゼロでなく、正確に分からない」と言うべきです。
 
放射線による健康被害は、被曝後数週間以内に症状が表れる「急性障害」と、数カ月あるいは数十年先に表れる「晩発性障害」があります。
 
低線量被曝による健康被害は、「晩発性障害」を引き起こしやすく、短期の追跡調査では表れにくい。
しかも、線量計で被曝線量を測定する人はまずいないので、データはほとんどありません。
 
だからといって安全というのはウソです。
 
そもそも100mSv以下の低線量被曝による発がんリスクには、2つの有力な仮説があります。
 
すなわち、
(1)被曝線量が100mSv以下だと発がんリスクはほとんどないが、それを超えると急上昇する「しきい値仮説」、
(2)100mSv以下でも被曝線量と発がんリスクが増大する「直線仮説」
です。
 
(1)は放射線の毒性を軽く見せたい原発やがんCT検診の推進派が、(2)はその反対派や中間派がそれぞれ支持してきました。
 
ところが、いまは国際的に権威のある、米国科学アカデミーの委員会(BEIR)や国際放射線防護委員会(ICRP)らが支持するなど、「直線仮説」が有力です。
 
米国は1950年から広島や長崎の被爆者9万人(近距離被爆者5万人、遠距離被爆者4万人)と非被爆者3万人を対象に寿命調査をしていますが、1980年代に入り、低線量被曝であってもがんになる確率が高くなることが分かったからです。
 
しかも05年に英国の有力医学雑誌に掲載された15カ国の原発労働者40万人を追跡調査したリポートでは、50mSv以下の被曝線量であっても発がんリスクが高まると報告されたのです。
 
それでも「しきい値仮説」を支持する人は、「人間には放射線被曝による傷を治す能力がある」「低被曝は細胞を刺激し、かえって健康になる」などと主張しますが、それを信じる専門家は少数です。
 
放射線の専門家は当然、こうした事実を知っています。
「低線量被曝でも発がんの危険性はある」と明言すべきなのです。
 
なかには低線量被曝の危険を認めながらも、「100人の死者のうち被曝によるがん死が1人増える程度」と、被害を軽く見せようと発言する放射線の専門家がいます。
しかし、低線量の被曝者が数百万人に上ると、数万人ががん死するかもしれないのです。
 
いまこそ、放射線の専門家は低線量被曝のリスクを明らかにし、しっかりした対策を講じるべきではないでしょうか?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■開き直り

昨日のNHKでも100ミリシーベルトでも大丈夫とやっていました。
1ミリシーベルトでちょっとずつなら回復するからと。
2人ともチェルノブイリで活動したことがある意思との事でしたが、、どういう気持で発言していたのかと思います。

2 ■Re:開き直り

>mikan2227さん
ろくでもないですね。
100人のうち90人ほどは大丈夫でも10人程度は影響が出るとしたら。。。
数百万人いれば数十万人には影響あるわけですね。
NHKは人殺し集団以外の何者でもないです。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。