スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島の農家の人の主張

PDF

〈原発・核兵器 私たちの未来 特別シンポに寄せて〉
福島を放射能で汚した東電はあらゆる損害を補償せよ!

        福島県農民連事務局長 根本 敬(ねもと さとし)


農家の動揺が収まりません。
私たちは、原発事故の「被災者」のはずです。
ところが、放射能汚染の土壌調査結果が発表されると
農家のあせりと不安をかわすために
前のめりとも言える状況が広がり、
一部の地域を除いて、行政・農協が農作業の自粛を解除した。

しっかりとした調査と分析、その後の対処も曖昧のまま
作るか、作らないかの判断が農家に任せられてしまった。
「危ないとわかっていても、つくらないと損害の対象にならない」
こんな馬鹿げた話があるでしょうか。

まだ原発事故は収束の見通しもたっていないのです。
放射性物質の飛散は止まっていません。
土壌の汚染は続いていると思います。
作物の汚染も続いていると思います。
政府がいう「直ちに体に影響を与えるものではない」という
暫定値だけが一人歩きしています。


私たちは、安全が「担保」されていない状況で
ものを作っていいのだろうかと毎日揺れています。
消費者の過剰な反応を「風評被害」だといいます。
いま現実に起こっていることは、根も葉もない風評ではありません。
東電が起こした原発事故による放射能が
大地と作物を汚染している実害です。
「風評被害」で片付けることは、消費者に責任をなすりつけ
東電を免罪することです。


心ある方々から
「福島の産品」を買い支えたいという申し出がきます。
こういうみなさんに、私はこう応えています。
「お気持ちはうれしい。でも、みなさんにお願いしたいのは
東電はあらゆる損害をすべて補償せよという世論を
消費地で起こしてほしい。
私たちが安心して作物を作れるようになるまで
運動を継続してほしい」と。

私たちは、豊かで美しい福島を取り戻すために
農民として生き抜く覚悟です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■自分の気持ちが少し救われました

色々情報を得るとやはり福島の野菜は買えません。でも最近は各地で農家を救おうと運動が始まっていて自分の気持ちに整理がつきませんでした。
基準が上がってしまった今は茨木や地元(千葉)の野菜も躊躇してしまいます。これって風評被害?と自分を責めたり・・・
370なのか2000なのか・・・数値をだしてくれれば各人の判断で買うことができるのに・・・

2 ■放射能はほんの少しでも

>みくぽんさん
健康に害のある可能性はあります。これ以下なら絶対に安全という事はないんです。
人々が放射能を少し浴びば、そのうちのいくらかの人には影響がでます。浴びれば浴びるほど、影響の出る人の割合が上がっていきます。放射能被害とはそういうものです。
福島の野菜やその近辺の野菜はもうすでにいくらかは多かれ少なかれ放射能汚染されています。風評被害ではすでにないんです。
本当の風評被害は福島から避難して来た人たちを差別する事です。放射能は人から人には感染しませんから!

3 ■無題

農家のみなさんの気持ち、しっかり受け止めて行動しなくてはいけないと感じました。
本当の「風評被害」をちゃんと認識しないといけませんよね!政府は自分たちが何をやっているか、まったく分かっていない。
管さんは、どうやら脳が溶けてしまっているそうです。だから感覚がマヒしてて、みんなになんと言われようとも、辞めようとか、恥ずかしいとか、そういうのが分からないんだと思います。
みんなに知ってほしいです!転載させてください!

4 ■Re:無題

>usacoさん
管は脳みそが溶けているんじゃなくて、とろけて腐ってるんですよ。お間違えなく。
本当の風評被害は福島県民に対する差別です。農業や漁業などは悲しいことに本当の放射能被害です。。その切り分けはしっかりしていかないといけない。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。