スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚生労働省、食品の暫定規制値で、「後になって影響がでるかも」

厚生労働省は現在の食品の暫定規制値では影響が出ると認めていた。

放射能についていくらか調べて知っている者からすれば、放射能はほんの少しであっても影響が出ることは当然であり、改めていう必要はないことかもしれない。しかし、それを官僚が認めたということは大きい意味があることだと思う。

厚生労働省、食品の暫定規制値で、「後になって影響がでるかも」

美浜の会という団体をご存知だろうか。美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会で、さまざまな活動を行っている。

この美浜の会を含む全国168団体が、3月24日に共同で公開質問書「直ちに人体に影響は出ない」を厚生労働省に提出した。これを受け、3月28日、午後2時から30分という時間限定で、厚生労働省が交渉に応じた。

交渉には、関西、九州、首都圏から60名ほどの市民が参加した。場所は、参議院議員会館会議室。厚生労働省から出席したのは、医薬食品局食品安全部企画情報課の佐久間課長補佐と基準審査課の内海係長の二名だった。

その内容をここで抜粋して紹介したいと思う。


美浜の会 3月28日厚労省との交渉報告より

Q.「ただちに影響がでるレベル」とはどのようなレベルなのか、またその影響とはどのような人体的影響なのか。

「厚労省としてははっきりしていない」と語った。参加者はあまりの回答に驚き、何回か確認したが、これが役所としての回答だということだった。「どのような人体影響なのか」については、「ガンの発生リスクがあがる」と語り、どのようなガンなのかについては、具体的に答えることもなかった。

ICRP(国際放射線防護委員会)の集団線量評価では、例えば、1mSvの被曝を2万人が受けた場合、一人のガン死というリスク。念のために、これを知っているのかと問うた。すると、ICRPの集団被曝線量のリスクについては「知りません」と語った。

枝野官房長官は、食品の暫定規制値について、「このレベルを一生食べ続けても直ちに影響はない」と強弁している。では、暫定規制値のレベルで被曝量はいくらかになるのかを確認した。暫定規定値に従えば、飲料水と食品の摂取だけで、1年間で17mSvの被曝(実効線量)になると認めた。
・放射性ヨウ素(甲状腺への等価線量で年50mSv) 全身に換算すると年に約2mSv
・放射性セシウム 年5mSv
・ウランとプルトニウムはそれぞれ 年5mSv
これらを合計して、食品だけで年に17mSvになると認めた。

17mSvもの被曝で、晩発性の健康影響はないのかと問うた。すると「後になって健康影響がでるかも知れない」と小さな声で答えた。非常にあいまいな表現ではあるが、後になって健康影響が出ないとは言えなかった。

人の被曝は、飲料水や食品による被曝に加え、空気や土壌からの外部被曝、及び空気中の放射能の吸入による内部被曝が加算され、全体としての被曝量になることを認めた。それでは、これら全体の被曝についてはどこが管理しているのかと問うた。すると、原子力安全委員会や原子力安全・保安院の名前などを挙げながら、結局「分からない」との答えだった。

放射能については全く知識もない。しかし、食品の暫定規定値を決めたり、「人体に影響なし」などを繰り返している。厚労省は、国民の生命と健康を守ることが最大の仕事であるはずだ。無責任にも程がある。

交渉参加者は、最後に、「3月28日厚生労働省との交渉を踏まえた要望書」(8項目)を手渡した。首相と厚生労働大臣宛のこの要望書は、その日の内に、福島みずほ議員事務所を通じて、官邸にもFAXで送付した。
要望書では、住民避難の拡大や、農業・酪農従事者への被害補償、移転補償を行うこと等を求めている。

ーー抜粋ここまでーー

昨日、被曝は足し算という話を書いたばかりだったが、この厚労省の返答には啞然とした。やはり自己防衛しかないということだろうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

認めたことは大きいけど、ひどい話ですよね。原子力や放射能に対して無知であることが証明されています。知らなかったから、大丈夫だと思ってたから、が根底にあって、この状況においても逃げ道を探してる。
転載させてください。いつもありがとうございます。

2 ■Re:無題

>usacoさん
ええ、そうですね。自分たちの逃げ道にしか興味がないようです。
転載、よろしくお願いします?
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。