スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜井・南相馬市長怒る

福島県の南相馬市長の桜井氏が政府、東電、マスコミに対する怒りを田中隆作氏のブログにおいてあらわにされている。

それを転載させていただく。

桜井・南相馬市長怒る ?対政府編?

 「自主避難」「ただちに人体に影響があるものではない」・・・言語明瞭意味不明の政府見解に翻弄される「(福島原発から)20?30キロ圏内」の福島県南相馬市。物資は供給されず金融機関からも見放された。日常生活を送るのは困難な状況となっている。

 南相馬市の桜井勝延市長は東京電力と政府に怒り、マスコミに不信感を示した。以下、桜井市長へのインタビューを基に話を構成する(『』部分が市長の言葉)――

 『原発事故のためピーク時(3月25日頃)は5万人が南相馬から外に避難した』。同市の全人口は7万722人。市民の7割が“脱出”したのである。『うち5千人は市役所がバスで送り出した。行先は新潟、草津、東松山など。今ではかなりの数が帰ってきている』。

 3月25日がピークとなったのは、この日政府が「自主避難」させるよう自治体に要請したからだ。「屋内退避」の20?30キロ圏内で基準の1千倍となる放射線量が計測された日だ。

 政府発表があった25日、枝野官房長官は記者会見した。「政府はなぜ“避難指示”としなかったのか?自治体に丸投げではないか?」、筆者は枝野官房長官を追及した。

 理由は明解だ。避難費用を政府が持たなくてはならなくなるからだ。穿った見方をすれば東京電力への遠慮もあったのではなかろうか。

 桜井市長は政府が「自主避難」を発表した直後、官邸に電話を入れた。運よく枝野官房長官につながった。

 市長が『(政府の)現状認識は違うんじゃないの?』と質すと、官房長官は「すみません」と答えたという。

 「避難指示」とせず「自主避難」としたのは、政府の責任逃れであり自治体への責任転嫁ではないかという意味だ。

 桜井市長は政府に対して『国は責任を持たないのか?』と迫った。政府は「屋内避難は変わっていませんから」と居直りとも取れる逃げを打った。そのまま今に至っている(4日現在)。

 『現場と官邸の感覚が違う。官邸の認識は机上の空論だ』、桜井市長は吐き捨てた。

桜井・南相馬市長怒る ?対東電編?

 原発を受け入れた自治体(周辺も含む)は電力会社からの多額の寄付などで潤ってきた。財政が多少楽になれば税金も安くなる。現職首長は大喜びである。言い方を換えれば、電力会社はカネで自治体を大人しくさせてきたのである。

 福島第一原発から20?30キロ圏内の南相馬市は、東京電力から「ビタ一文」も受け取っていない。「配下でないからイイや」と思ったのか、東京電力は南相馬市に対して社会的常識を欠く対応を続けた。桜井勝延・南相馬市長へのインタビューを基に話を構成する(『 』が桜井市長の言葉)――

 『東電が南相馬にやっと来たのは3月22日だった』。事故発生から11日目のことである。それまでは電話一本よこさなかった、という。『お詫びに来たのは東電(本店)の立地部長と福島原発第一副所長』。

 『東電がモニタリング調査などのデータを送ってくるようになったのは24日から』。事故から2週間近く経ってからだ。

 『人をよこせと東電にやかましく言ったら25日から東電の職員が(市役所に)張り付くようになった』。東電職員が仕事をする一室は南相馬市役所3階にある。筆者は部屋を覗いてきた。そこには暇を持て余す東電職員がいた(写真下段)。5人もいて仕事は東京本店の事故対策本部から送られてくるモニタリング調査を市長室に持って行くだけだ。

 飽くことなく利益を追求するが、1円の出費さえケチる。老朽化した原子炉を危険性も顧みずに使い続けたのは東電の体質を象徴している。東電は南相馬市への対応でも吝嗇ぶりを発揮した。

 南相馬市からの避難民は市外・県外の200か所に点在する。市役所は職員を派遣しなければならない。

 市役所の公用車だけでは足りない。レンタカー30台が必要となった。市側が東電に「レンタカー代を持ってほしい」と要請した。だが東電の返答は十分なものではなかった。

 「内部留保が数兆円もありながら、 マスコミを数十人も引き連れて中国旅行に行くカネがありながら、原発事故被害者に出すカネは徹底してケチる。東電幹部の人間性を疑いたくなる姿勢だ。

 東京電力は福島原発周辺の10市町村に見舞金として一律2千万円を支払った。「住民一人ひとりに直接配って回るべきだ」との意見が地元民から出たようだ。

 かりに東電が住民一人ひとりに渡したとしよう。南相馬市の場合だと市民一人当たり「280円」となる。人口の少ない川内村でも5千900円だ。東電が避難所の住民に直接渡せない理由である。

 この会社の吝嗇ぶりは、人間のなせる業ではない。

 桜井市長は市役所を訪れた鼓紀男副社長に言った。『最後まで責任を持ってもらうよ』。

 鼓副社長からは「誠意を持って対応します」と判で押したような答えが返ってきた。

 『東電ってのは誠意ないねえ』、桜井市長はただただ呆れるばかりだった。

桜井・南相馬市長怒る ?対マスコミ編?

 『NHKも朝日もいなくなったよ』、桜井市長は吐き出すように話した。

 NHKとは「NHK南相馬報道室」、朝日とは「朝日新聞・南相馬通信局」のことである。筆者は先ず両社の報道室と通信局に電話をかけたが、留守番電話の声が返ってくるだけだ。

 NHK福島放送局と朝日新聞福島総局に確認したところ、両社とも「記者は福島(市)に引き揚げている」との答えだった。朝日新聞に至っては通信局を5月1日から隣の相馬市に移すのだそうだ。

 自らはいち早く安全圏内に逃げ込み、あげくに「ただちに人体に影響があるものではない」という無責任な政府発表をテレビと新聞で伝えるのである。

 政府の指定が「屋内退避」であるため、南相馬に留まらざるを得ない市民は数万人もいる。避難のための費用が出ないからだ。泣く泣く留まる人々の中には放射能の恐怖に怯える母親や乳幼児もいる(写真)。

 新聞・テレビは「ただちに人体に影響があるものではない」と住民に伝えるのであれば、どうして自分たちも留まらないのだろうか? 読者や視聴者に対する裏切りであるばかりか、住民を愚弄した行状ではないだろうか。

 将来、健康被害が発生すればマスコミも責任を負わねばならない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

 政府も東電も被災地支援や原発事故対策がチグハグですねぇ。
 結局、被災者側から強い声を出さないと、見捨てられてしまいそうですね。

2 ■無題

こちら転載させてください!
怒って当然です。もっと、声をあげていいと思います。声をあげなければ届きもしない。そのまま忘れられてしまう。そんなことあってはならないです。

3 ■Re:無題

>おいらは、ちびのり。斉天大聖!さん
ええ、完全に見捨てられています。
日本は一度国連主導で原発推進勢力の一掃をしないといけないような気がしています。

4 ■Re:無題

>usacoさん
どんどん、転載お願いしますね?♪

5 ■Re:無題

>usacoさん
どんどんどんどん、転載お願いしますね?♪
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。