スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島の農業復興へ?チェルノブイリの知恵

チェルノブイリでナロジチという地方の土壌が汚染されてしまいました。

その汚染された土壌をどうするか。。幾つかの植物には放射性物質を吸い上げてある部位に貯めるという性質があります。その特性を利用し、ナロジチでは菜の花を使って土壌の除染を行うプロジェクトが実施されています。

簡単に手順を説明すると

●放射能に汚染された農地に菜の花を植え、
 菜の花に土の中の放射能を吸い取ってもらい、
 汚染されていない作物の採れる農地に戻す。
●菜の花の種から絞った油には放射能が入り込まないことを利用し、
 絞った油をBDF(バイオディーゼル油)として利用。
 ※Cs137とSr90は、水とくっつく性質を持つ(水溶性)。
●放射能を吸った根・茎・葉・種皮など(バイオマス)を発酵させ、
 できたBG(バイオガス)を燃料として使う。
●残渣は低レベル放射性廃棄物として管理区域に処分。

福島でもこれはできると思うのですがどうでしょう。

チェルノブイリにおける菜の花プロジェクト

農業再生・菜の花サイクル
ナロジチの土壌は放射能で汚染されていますが、それは、チェルノブイリ原発事故で大量に放出されたCs(セシウム)137とSr(ストロンチウム)90という放射能を出す物質が土壌に含まれているからです。菜の花がこのCs137とSr90を吸い取ってくれる性質があることから、「菜の花を植えれば土壌の放射能を減らせて農業を再生できるのではないか」という考えから菜の花プロジェクトが始まりました。
また、 Cs137とSr90は、水とくっつく性質を持っていて(水溶性) 、菜種から得られる油やバイオマスを発酵して得られるガスには入り込まない性質があります。この性質を利用して、BDFやBGを作りエネルギーの自給もできるようにして農業再生を後押ししようと考えています。私たちは、菜の花を利用した土壌浄化、BDF、BGのサイクルを「農業再生・菜の花サイクル」と呼んでいます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■賛成!

こんにちは。
いつも拝読しております。
この上のリンクを貼らせていただいてもよろしいでしょうか?
デュークさんのお名前も。

2 ■Re:賛成!

>music-piano-vocalさん
こんにちは
実際にチェルノブイリで実行されているプロジェクトですから、実現性はありますしね。
リンク、転載などは無断でもいいのでよろしくお願いしますね?

3 ■無題

 福島をはじめ汚染地域で試す価値があると強く感じます。

4 ■風の谷のナウシカ

放射能に汚染された土地は風の谷のナウシカに出てくる腐海(ふかい)のようです。核戦争で滅亡した世界は猛毒の障気を撒き散らす植物に覆われた腐海に沈み、巨大な虫たちが人類から腐海を守っている。しかし、腐海の植物は汚染された大地を長い時をかけて浄化していたというのが映画版の話。菜の花が汚染された土地を浄化するとは。放射能の拡散が止まった時に土地の浄化が始まっているといいですね。

5 ■Re:無題

>おいらは、ちびのり。斉天大聖!さん
ええ、これは絶対に試す価値はあります。菜の花以外でもひまわりなども可能性はありますし

6 ■Re:風の谷のナウシカ

>そうらんさん
ええ、風の谷のナウシカですね。私もそれを想像しました。
自然はうまく出来ていて悪いところがあると浄化して元に戻すように働くんでしょうね。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。