スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビミニロード

カリブ海、バハマ諸島の北ビミニ諸島のあたりの5.5m以下の海底に、ビミニロードと呼ばれる、大小さまざまな岩が並んだ人工の遺跡と思われる構造物があります。
 
下の画像がそのビミニロードのマップです



そしてこちらがビミニロードの写真です。




















この構造物は1968年にアメリカの学者、J・マンソン・バレンタイン博士が見つけました。
以下はこの構造物を発見したバレンタイン博士の言葉です。


「学界では、この石の道を人工的なものではなくて、ただ自然の岩だといっているようだが、わたしが海底で見たものは、そんな自然の岩石ではない。柔らかい自然の石とはちがって多くは固い岩石だ。


きっちりとくっつきあっている石の列は直線で、互いに平行し、"コーナー・ストーン"で終っていた。この石の大通りは、島の周囲に見られる曲がった自然の岩石とはまったくちがって、直線なのだ。


この長い大通りの端には、西ヨーロッパの治岸で見られるドルメンのように、石柱を支えた平たく巨大な石まで残っているのだ。完ぺきな長方形、直角、直線の輪郭などは、自然にできたものとは考えられない。その遺構の一方の端は、美しい曲線を描いて砂のなかに消えている。まだその海底下を掘った人はいないので、石がどれほど埋まり込んでいるかはわからない。」


このマップが示すとおりまっすぐの形で岩がずっと並んでいるのを見ると、大昔ここが地上にあったころの舗装された道路だと思われます。博士が指摘しているとおり、長方形、直角、直線の輪郭を持つ岩が大量にあります。
多くの学者の定説というのは、この構造物が自然に出来たなどという目が点になりそうな説明です。こういうことを平気で言う学者ってアホが多いんだな、とあきれるしかないんですが(本当のアホなのか権威にしがみついているのかははっきりしませんけどね)、まぁこれはどう見ても人の手がある程度加わったものだというのが普通でしょう。

さてその年代は、どうも今から1万年以上前であるらしいとのことです。一万年以上前というと、あの伝説の大陸アトランティスがあったとされるころですね。

だからよくアトランティスの遺跡だと言われることが多いようです。私としてはその可能性はあるとは思うものの、別にこの程度の石組みならば西暦1500年ごろに南米にあったインカ帝国くらいの文明であれば作れるわけで、アトランティスがあったことの証明にはならないな、というのが正直な意見です。

Wikipedia:ビミニロード
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

かつて陸地だったのでしょうかね?
岩の形状は人工的に見えます。

2 ■Re:無題

>おいらは、ちびのり。斉天大聖!さん
そうですね。人口的に作られたものだと思います。

そしてここが陸地だったのは約10000年前くらいだといわれていますね。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。