スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈りの治療効果

元カリフォルニア大学の心臓学教授ランドルフ・ビルド(Dr. Randolph Byrd)は、厳密な実験によって、祈りによって大変な治療効果があることを証明しました。 
 
実験はサンフランシスコ総合病院(San Francisco General Medical Center)のCCU(心臓病集中治療室)に入院中の患者393人を対象に、10ヶ月にわたり行われた。

393人の患者はコンピュータにより無作為に分けられ、祈られるグループ192人と祈ってもらわないグループ201人に分け、臨床実験で行われる厳密な基準を適用して行われた。

患者、看護婦、医師も、どのグループにどの患者が入るかを、知らないという厳格さであった。

患者のために祈る人たちを全国のカトリックとプロテスタント教会、さまざまな宗教グループに呼びかけ、患者のために祈ってもらった。

祈る人には患者のファーストネーム、病名、現在の状況を簡単に知らせ、毎日その患者のために祈るように依頼した。しかし、祈り方については、なんら指示はなかった。

患者1人につき祈る人は5人から7人の割合であった。

結果は衝撃的であった。祈られた患者グループは、祈られないグループに対して、驚くほど良い治療効果を示したのだ。

○抗生物質を必要とした患者の数は、祈られないグループの6分の1であった。

○祈られたグループでは心臓疾患の結果、肺気腫になった人が、祈られないグループの3分の1であった。

○祈られたグループでは人工気道を確保する気管内挿管を必要とする人はいなかった。一方、そうでないグループでは12人が人工気道を必要とした。

この結果を見て、ウィリアム・ノーラン博士(Dr.William Nolan)は、
「この研究は精査に耐えうるものだ。・・・・・・・ おそらく、われわれ医師は『一日3回祈ること』と処方箋に書くべきなのだろう。祈りは効くのである」と述べたといいます。

そして実験が「祈り」でなく、新薬や新しい外科の手術の方式であれば、「医学界の快挙」とか、「治療に突破口が開かれた」と華々しく宣伝されたはずだと言われました。

また、この実験から、祈りの効果は距離と関係しないこともわかりました。
サンフランシスコ総合病院の心臓病患者に対する祈りに関して、病院から遠い東海岸側からの祈りも、西海岸にあるこの病院に近いグループからの祈りも、距離に関係なく、同様の効果があった、ということです。
つまり、病院のすぐ側で祈るのも、何百キロ離れたところから祈るのも、効果は全く同じだということです。

従って、病人のすぐ側にいることができなくても、遠くから祈ってあげるだけでも、病状の進行を防いだり、傷みを和らげることができるのです。遠く離れた両親の無事を祈ることも、はっきり効果があるといえます。

元々の論文についての詳細はこちら

参照記事:Medical Professionals say prayer helps

祈りを医学的見地から実験・検証しているデータがあることは驚きです。

なんだかんだと屁理屈を言って自分の世界観が受け入れないことを否定する人はどこの世界にもいますが、こういうどうにも否定できない研究結果があるということはどう捉えるのでしょうね。まぁ、単純に否定して、それ以上考えずに終わりにするのでしょうけれども。

祈りは全ての動物の中で人間だけが行う行為です。動物はチンパンジーやオラウータンのような高等な類人猿でさえも行いません。

それを考えると、昔から人類があらゆる状況の下で様々なことを祈ってきたことは、祈りが最も人間らしい行為の一つであり、かつ高度に発達した技術(?)であるといえるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

今のタイミングにぴったりの記事を見つけて下さいましたね。
教えてくださって感謝します。
リンクさせて下さいね。
実験で検証されたというのが心強い後押しになります。
ありがとうございました。

2 ■すごい記事ですね

ご紹介いただいた詳しい論文を読んでみます

3 ■人間らしさ

と、言われれば、ほんとにその通りですね。

ご利益のための神頼みだけでなく、誰かのために見返りを求めずただ祈る…人間にだけにしかできませんね。

4 ■Re:無題

>misaさん
どうぞリンクしてくださいな。
こういう実験はありますね?。もともとこの実験については飯田史彦氏の本「生きがいの本質」に紹介されていたものです。
もう一つ実験例が載っていて、それはスピンドリフトという組織が行っているものです。そちらもそのうち記事で紹介しようと思っています。

5 ■Re:すごい記事ですね

>ktnpoさん
リンク先は論文の出典先を記したもので、しかも英語なのであまり役には立たないかもしれません。。。
この実験は飯田史彦 元福島大学教授の「生きがいの本質」という本で紹介されていたものです。

6 ■Re:人間らしさ

>kewpieさん
ええ、人間が他の動物と一線を化すのは祈りを行うからですね。
動物行動学者や遺伝子学者などの中には動物を観察して人間が解った気になっているお馬鹿な学者がいたりするんですよ。

7 ■無題

菅さんは、自民も民主もどちらからも見放されているでしょうから、ああいう数字になってしまうのでしょう。語る言葉が注目されない首相ばかりですね、最近。

高い信仰は病をも治す。キリストのときからそうですが、そういう実例はいくらでもありますね。そのうちそういう専門の行や、道などの設備が出来るかもしれません。武道も信仰と関係が深いですし、アスリートが信仰持つ例は多いですし。

また、アメリカで原理主義で聖書に病気は書いてないから、信仰で治すといった一派が流行になったりもしましたね。今でも影響力があるとか。

8 ■Re:無題

>Dr.きのこるさん
菅はもうどうしようもないです。自民も民主も分裂してからガラガラポンしてくれないと。

今の文明は人知を超えたものを認めないようなところが強いので施設などを作るのはするかどうか。

信仰で直る確率は高いと思いますが、直らない場合もあると私は思いますね。だから直るから信仰を持つという考えだと、いざ直らなかったときのショックは大きいと思います。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。