スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢一郎Ustreamインタビューで見えたもの

aobadaiさんのブログが先日の小沢氏のUstインタビューについて、うまくまとめられていたので紹介します。

小沢一郎Ustreamインタビューで見えたもの

12月23日(祝)にフリージャーナリストの岩上安身氏が、民主党の小沢元代表の単独インタビューを行って、この模様が、USTREAMだけでなく、ニコニコ動画でも放送をされて、たいへんな反響となった。


メディアはさっそく、このインタビュー内容を捏造編集して、世論操作用に歪んで報じているが、その報道を鵜呑みにするのではなく、ぜひ、自分の目で一度、見ていただきたい。

実際のインタビュー内容と、メディアが報じる内容が、いかにかけ離れているかということを、まず認識されるはずだ。


■岩上安身氏オフィシャルサイト(映像)

http://iwakamiyasumi.com/

■阿修羅・本のセンセのブログより(テキスト版)

http://www.asyura2.com/10/senkyo102/msg/782.html


マスコミは自らに都合が悪いことをけっして報じることはないが、小沢氏はインタビューの中で、マスコミの現状について、次のように語っている。


----------------

岩上「説明責任を果たせという周囲の声がありますが

    いつもオープン会見をしておられる。

    <省略>

    どんな思いで記者会見をつづけておられたのでしょうか」


小沢「一人の人間として、国民全員に説明するのは不可能。

    だからメディアに説明している。

    どなたでもおいでくださいと、

     記者クラブ以外でもどんな人でもいいですよ、

    という方針でやりましたし、既存の大手メディアから、

    けしからんと言われる理由だったと思いますが、


    本当に改革しようとすると、

    旧体制で既得権をもっている人は反発するにきまっている。

    その旧体制の中で一番既得権をもっていたのが

    メディアじゃないでしょうか?

    情報独占ですから。情報だけでなく、

    いろんな既得権をもっているから。」


岩上 「クロスオーナーシップについてどうですか? 」


小沢 「事実上すでにお題目になっている。徹底しなければならない


     同時に、テレビ、電波の免許、新聞の再販も、

     みんなこれは独占権なんですよね。
     ある程度 競争の原理を入れないと、小泉流とは違いますが、


     そんなこと言うから余計にらまれる(笑)」

----------------


メディアによる執拗な個人攻撃の理由として、メディア自身が情報だけでなく、さまざまな既得権、独占権をもっていること。そしてそのことに、小沢氏がメスを入れようとしたことが、バッシングの原因になっているという認識をひとつ持っているようだ。


----------------

小沢「一番の権力は大きなメディアです。

    それ(メディア)が正確に伝えさえすれば、

    かなりの(国のシステムの)部分オープンになると思うんです。


    最近の記者は、本人に裏を取るということを

    ほとんどしなくなっている。

    自分達の都合のいいように報道しちゃいますから。


    しかし今言ったように、大きなメディアが、

    きちんと勇気をもって真実を語れば、

    日本社会はもっともっと透明になると思います。

    自分達が既得権をもっているから、

    それをやりきれないんですよ」

------------------


既存のメディアの腐敗ぶりに、小沢氏は限界を感じる一方で、インターネットについては次のように語っていた。


------------------

岩上「我々のようなインターネットメディアに対して、

    小沢さんに出ていただこうと考えて頂いたのは

    大変ありがたいのですが、

    きっかけをお聞かせいただければ」


小沢「最近要請があった場合には出ようと心がけているのですが

    スピーディーに、ありのままを伝達してもらえるということ

    ですね。

    7,8年前は、選挙なんかでも、僕らの政権の発表や

    意識調査とは 一致しなかった。

    最近急速にネットを使う人が増えて

    一番の特徴はその人たちが行動するようになった。

    行動に移さなかった。


    最近は量も増え、行動に移す人が増えた


    既存のメディアよりも、ネットの方がいいと思う

------------------


小沢氏は自身の実像をネットが「ありのまま」に伝えてくれる点、さらには、そのユーザー(国民)が量においても、質においても、行動に移していってくれる点を評価しているということだ。


さて、長くなるので、すべてを引用することは割愛させていただくが、私が小沢氏のインタビューを見ていて、もっとも感動したのは、その国際情勢、外交、国家戦略のあり方についてなど、その辺の政治家や、また私たち市井の人間と比べて、はるかに圧倒的に高いレベルの見識をもっていて、そして知られざるところで、行動にも移してきているということである。


いつのまにか、小沢氏は反米政治家であるとか、媚中政治家であるとかいうレッテルが貼られているが、そんなことはない。主権国家である日本の政治家として、アメリカにも中国にも媚びることなく、堂々とモノを言ってきたにすぎない。

つまり、自民党時代に、「日本改造計画」を出して、世の中に衝撃を与えてから、小沢氏はその政治家としての信念や、矜持というものは変わっていないということである。


この頃の政治家は、すっかり軽くなってしまって、すぐに力のある者にすり寄っていく傾向があって、つまり、アメリカや、官僚や、マスコミなどの既得権力に、自ら進んで取り込まれて、その果実を食べつくそうとする。


一方で、小沢一郎はそれらに媚びることなく、政治家として、己の信念を貫いてきたからこそ、逆に既得権から常に狙われる立場でもあるが、だからこそ、外交でも、内政でも、独立した政治家として、堂々と主張ができると考えるのである。


------------------

岩上「(普天間移設問題における)

    アメリカの圧力はどう掛かっていた?」


小沢「鳩山内閣をつぶそうというのではなくて、

    言うとおりせい、ということなんでしょうね。

    鳩山さんは沖縄のことを考え、

    国外あるいは沖縄以外と一生懸命努力した。

    しかし、外務省、防衛相は全てアメリカの言うがままだった。

    それを乗り越えるのは大変だった」

-------------------


やはりネット上で多くの議員、識者が発信してきたとおり、外務省と、防衛省のアメリカへの隷従ぶりはひどいということは、事実だったようだ。それは一国の首相の力をもっても変えられるものではなかった。


------------------

岩上「それら(外務省、防衛省)がアメリカの言うがまま

    というのはどういうことか?」


小沢「アメリカは日本の復興を助けてくれたのは感謝する。

    しかしその中で官僚も何となくアメリカに依存するようになった。

    依存するというのもあるが、

    アメリカの言うとおりにしていた方が楽だ。

    国民もこれはよくない。

    日本国民が舐められて、信用されない、

    これが一番の問題だ。

    日本人が自分の意思をもって自分で考えて行動する

    これがないから信用されないんだ


    (日米)同盟は対等な関係であって、対等な関係ではない。

    一方、アメリカにしてみると、その方がいいと思う節もある。

    でも、本当に彼らが深刻になった時、

    彼らだって頼りがいのある国が 同盟者じゃないと困るはず。

    彼らだってそういうことを考えているはずだ。
    でも、情けない現実が存在する」

------------------


敗戦し、GHQに統治されて以降の日本の属国構造は、

小泉政権以降、さらに強化され「第二の占領」が進んだ。

しかし、それはアメリカにのみ原因があるわけではなく、

日本人が「そのほうが楽だ」として、自ら望んだ結果でもある。


しかし、それでは、日本人が世界から信用されない、舐められる。

まさに現在の国際情勢から孤立した日本の立ち位置そのものである。


また小沢氏は緊迫する北朝鮮情勢について、彼自身の、中国の政権中枢に根ざしたパイプから、興味深い話を聞かせてくれている。


-------------------

岩上「日本が国際社会の力学の中に置かれている

    中国がNoというだけで北朝鮮の侵攻は不可」


小沢「中国は現状維持ですから。

    ぶっ壊したらごちゃごちゃになって、

    朝鮮族というのはもともといっぱいいる。

    国民の交流が激しくなって統治の上で非常に困る。
    その気持ちはわかるけど、

    あんな乱暴は止めさせなきゃだめだと言わなきゃいけない」

-------------------


なるほど、朝鮮半島に関する中国の考え方は「現状維持」とは知っていたが、その背景には、中国の民族問題、具体的には、朝鮮族の問題があるのだとは、想像もしなかった。


そして、今回のインタビューの最大の驚きである。

なんと、11月の横浜でのAPECで、小沢一郎は、中国側からの要請で、胡錦濤国家主席と会っていたのだ。

菅首相が、尖閣問題もあって、会える会えないだの、立ち話だの、いや、あれは会談だの、と言っているうちに、中国側から会ってほしいと頼まれる小沢一郎の、存在のすごさである。


--------------------

小沢「胡錦濤氏がこの間(11月の横浜APEC)、日本に来た時、

    『会いたい』と言うから(会った)。

    僕は儀礼的な社交辞令で会うのは嫌いだから

    『結構だ』と言った。

    <省略>

    ビスコンティ『山猫』の

    「変わらずに残るためには変わらなければならない」

    を送り、

    (中国が民主化して、)変わらないとだめになるよ、と直言した。

--------------------


なんだか、菅や仙谷が腰抜けの外交を繰り返す中で、あの胡錦濤に対して、民主化を促すという政治家としての大物ぶりである。やはり、こういう人に、日本の首相をやってもらいたいとつくづく思う。


小沢一郎がネトウヨの言うとおり、媚中派とくくられるなら、一番、中国にとって、耳が痛い「民主化すべきだ」という意見をぶつけるなんてことはできないはずである。


そして、尖閣問題である。

---------------------
小沢「
前から(中国に)言っていますから。

 

    尖閣諸島は中国の支配下に入ったことは一度もない。

    琉球の一部だ。

    だから日本の領土だ、そこは絶対譲らんよ

    鄧小平に任せたもんだから

    もう20年経ってるじゃないか。

    もう解決しなさいと。

    日本の領土ということで完全決着だ。曖昧にはできないよ」


岩上「稚拙な対応 アメリカ頼み、いきなり釈放

    小沢さんだったらどう対応していましたか」


小沢「事実通りであれば、明らかに領海侵犯だから、

    法に照らして処分すべき。

    釈放の決定を那覇地検の次席検事が発表。

    これはまったくおかしい。

    役人が国際間の重大問題に関が見て釈放とか逮捕とか、

    そんなバカなことはあり得ないことですよ。

    民主主義国家として、政府が決めるべきです。


    それ以上に大事な国益にかかわる問題だから、

    政府がしっかり言わなきゃいけない。

    一官僚にいわせるなんておかしい」


---------------------

ここで鄧小平の名前が出てくるところが、また驚きである。

まして、その弟子の弟子の胡錦濤なんて・・といったところか。

20年前には、自民党の幹事長で権力中枢にいた小沢一郎としては、この問題についても、本質をよくわかっているわけである。

そんな小沢からすれば、仙谷の今回の対応は我慢ならないものだろう。


さて、こうして小沢一郎のインタビューを振り返ると、実に、愉快な気持ちになる。

それは、日本には、まだこのように、独立国として、きちんと外国にモノが言えて、そして国家を語れる政治家がいるということだ。


しかしながら、メディアの報道ぶりと、小沢一郎の実際のインタビューを比較して明らかにように、メディア(マスコミ)からすると、自らの利権にとって脅威となる政治家は排除しなければいけないから、徹底的な個人攻撃、ネガティブキャンペーンをはる。


小沢一郎がテレビに登場すると、暗い音楽で印象操作され、御用コメンテーターには台本にそってボロクソに叩かれ、さらに代表選になると、今度は愛人スキャンダルまででっちあげられる。


そして、そのメディアの世論操作をまともに受けた人々が、「魔女狩り」の風に乗って、小沢一郎は極悪人であり、守銭奴であり、売国奴であると、決めつけてしまう。


だが、実際は、たとえば、中国に対してここまでモノがきちんといえて、また日米同盟のありかたについても、独立国としてはどうあるべきかという角度で考えている政治家はそうそういない。


私たちは、小沢一郎がインタビューで、


「国民が直接行動するというのが、インターネットで量も質も増えてきたように思います」


と語ったように、既存メディアの世論操作に負けず、国益に資する政治家は誰かということを見極め、この国の再興のためにも、応援をしていかなければならないと思うわけである。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■次はメディア問題だと思います。

銀行、司法といろいろ事件があって、次はメディアの不祥事でしょうね。メディアをどのように洗濯すべきか。
やはり、インイターネットが頼りだと思います。それにしても、小沢という政治家は偉いな、と感服します。
愛読しています。ご苦労さま。  フリーマン

2 ■拝読です

上の方と同じく思います。
すばらしい記事で
ブログ冥利と感じます。

メディアの問題、力の関係、どう変化させることが出来るのか、
これが最大の懸案と思います。

3 ■圧巻です

息も吐かずに読み切りました。。。

マスコミの偏向的な報道に疑問を抱きながらも、報道以外のまとまった情報に触れることが少ない私としては、スッキリした気分です (^-^)/

"日本"を軸に考えることができる数少ない政治家として、認識を新たにしました。。。
今後も御活躍を期待したい。。。

4 ■Re:次はメディア問題だと思います。

>フリーマンさん
メディアの洗濯、これは無理かなと思っています。。
マスコミの影響力がなくなるにはマスコミの後退つまり時間がたつしかないと私は思っています。あと10年程度の時間が必要になると思います。。

小沢氏は本当に稀有な政治家です。だけれど悲しいかな、天運がないです。多分要職に就くことがないのでは、と思います。

天運がないのは仕方ないです。なので私が小沢氏にしてほしいことは、次の政治家を育てていくことと、自民でも民主でもない国民目線の政党を作ってもらうことです。そしてあくまで自分は裏方として徹する。。

どうも小沢氏は自分自身には天運がないことには気づいていると思うのです。

5 ■Re:拝読です

>ktnpoさん
本当に、こういうすばらしい記事を読めるのはいいですよね。

昔は朝日新聞の天声人語を読めとか言われていましたが、今はこういうブログでないとまともな記事やコラムがほとんどないです。

メディアは衰退するしか方法がないのでは、と私は思っています。

6 ■Re:圧巻です

>simpleさん
私はあくまで記事を貼り付けただけなので。。。w
でもこういう記事を紹介するだけでもブログには意味があるな、とこの頃思いますね。

小沢氏にはまだ自民でも民主でもない本当の国民政党を作る、という大きな仕事が残っていると私は感じます。民主には菅や仙石のような変な政治家が半分ほどいる以上、私は応援はする気はないです。
だからまともな人たちを民主党から引き連れて、自民でまだ多少残っている国民政治家とも連携した上で政党を作ってほしい、と強く思います。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。