スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争の起きる仕組み


今年の秋に朝鮮半島で衝突が起きた。暫くは鎮静化したように見えて多分これから燻り続けるだろう。

これから5年間程の間にこの衝突から朝鮮半島周辺の局地戦争が起こる可能性が出て来た。さらには世界戦争に発展するかもしれない。

なぜ世界中で戦争が起こり続けるのか、その明快な答えはこの世界でもっとも力を持つ産業の一つが軍産複合体であり、世界のどこかで火種が起こった時に武器を売る事で儲けているからである。元々あまり火種のないところにも戦争を起こして大きく儲けるという事をして来たのが現在の世界である。

そして現在の世界的な不景気とアメリカの財政難、中国の台頭、朝鮮半島有事はそれらの者にとって戦争を起こして大きく儲ける恰好の機会なのだ。

アメリカは既に財政破綻をしている。それを隠しながら自転車操業をしているのが今の実態であり、そんな状況は長くは持たない。

アメリカはその解決策として中国との戦争を考えるだろう。もし中国に勝てば借金を帳消しにできるだろうとの思惑で…。

次の世界大戦では間違いなく核兵器が使われる事になる。中国は想像される程は軍事力は強くなく、アメリカには正攻法では勝てないからだ。アメリカは地球の反対側であることもあり、アメリカに対して核を使う事にはあまり躊躇はしないだろう。そしてアメリカは報復として核を使う事になる。

アメリカと中国に挟まれた日本が核兵器の犠牲になるのは想像に難くない。もちろん犠牲になるのは日本だけではない。

教科書に残っていない歴史が滅んだかもしれないように、この今の文明も滅んで僅かな人達だけが生き残る事になるかもしれない。そして次の文明では伝説の文明として語り継がれるかもしれない。

今度の戦争は起こしてはいけない。戦争を起こさなければ、新しい方向へ世界は開ける。それは今までとは全く違った文明となるだろう。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■おっしゃるとおりですね

国防だの、主権だのと、戦争は関係することではないということ、
これが分からない人類の大多数です、
国敗れて山河ありの昔から、戦争は、自分の欲望の必達だけを願う人々によって起こされていますね。自分には負けという字が無い人々です。
迷惑はいつも下々の民であり続けます。
シルクロードのこと読んでますが、
どれほど多くの民族が淘汰され続けてきたか

欲望のためだけに
すごい人間の業を思います。

2 ■Re:おっしゃるとおりですね

>ktnpoさん
ええ、国防だから戦争とか、そういうのではないです。それと戦争をおこすというのは全く違うものです。戦争はお金のために起こしている人たちがいるということです。それを解っている人は意外に少ない。

それが解らない限り、戦争反対と叫んだところで戦争はなくならないですね。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。