スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼児にテレビを見せると言葉の発達が遅れる

テレビ・ビデオを長時間見ている乳幼児は言葉の発達が遅れる

日本小児科学会は2004年、「乳幼児のテレビ・ビデオ長時間視聴は危険です」と題する緊急提言を行い、調査の結果、次のような結論を示しました。

・長時間視聴は1歳6ヶ月時点における意味のある言葉(有意語)の出現の遅れと関係がある

・特に日常やテレビ視聴時に親子の会話が少ない家庭の長時間視聴児で有意語出現が遅れる率が高い

・このようなテレビの影響にほとんどの親が気づいていない

どこまで知ってる?子どもへのテレビの影響

子供は言葉が一方的に流されても、言葉を殆ど覚えません。

言葉を覚えるには、幼児が発言した言葉に周りの人たちが反応して返すことが必要なのです。テレビで言葉が覚えられる、と考えてしまう人がいるのでしょうが、テレビは出来るだけ控えて、それどころか幼児のうちは徹底して見せないようにする位でもいいのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。