スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別にいまさらびっくりすることでもないけれども

生まれ変わりの記憶を持つ幼児

2000年、春、アメリカ・ルイジアナ州ラファイエット。夫ブルースと妻アンドレアの一人息子ジェームズ(2歳)は無類の飛行機好きだった。ある日、静まる家に突如響き渡るジェームズの泣き声!これまで夜泣きなどした事のなかったジェームズが、激しい夜泣きとうわ言を言うように…その内容は衝撃的なものだった。

ジェームズのうわごとは「飛行機が・・・!炎上!出られない!!」と2歳児の言葉とは思えないものだった。一体このうわごとは、どういう事なのか?ジェームズは次第に夢の話をするようになった。「ジェームズの飛行機が、燃えて落っこちたんだ」「コルセアって飛行機に乗っていて、ナトマっていう船から飛び立ったんだ」「友達は、ジャック・ラーセン」ブルースとアンドレアは、息子の言葉を書き留めた。2歳の息子が、口にしたいくつかの名前。調べてみると、ナトマ・ベイは第二次世界大戦で使用されていたアメリカの航空母艦。さらに、コルセアは米軍戦闘機だった。息子はなぜ、そんな名前を知っていたのか?

さらに…ブルースが「硫黄島の戦い」という本を読んでいる時、ジェームズが本の中の写真を指差し「ジェームズの飛行機はここで、撃たれたんだよ」と言いだした。そこは硫黄島。事実、ナトマ・ベイは硫黄島の戦闘に参加していた。ブルースは混乱した。息子の言う事を信じるなら、夢の中に出て来るジェームズは、第二次大戦中、アメリカ軍航空母艦ナトマ・ベイから飛び立ち、硫黄島作戦に参加。その時、日本軍の攻撃を受け、墜落炎上。戦死したのか。

ブルースは、この謎を解くため、本格的な調査を開始した。第二次世界大戦の航空母艦での戦死者の名簿をプリントアウト。ナトマ・ベイに乗っていた戦死者を調べたが、ジャック・ラーセンという人物はいなかった。そのかわり、「ジェームズ・ヒューストン」という、息子ジェームズと同じ名前を発見した。

クリスマスにプレゼントされた人形に、ジェームズは、ビリーとレオンという名前をつけた。それは、子供が兵隊の人形につける名前にしては珍しいものだった。普通ロッキーやスネークアイズという強そうな名前をつける。一体これは何を意味しているのか?

2002年9月、ジェームズは4歳になっていた。ブルースは、ナトマ・ベイ戦友会に出席するため、カリフォルニア州サンディエゴへ。ナトマ・ベイについて本を書くつもりだと説明し老人に話しかけ、ジェームズ・ヒューストンの情報を集めた。しかし、誰もジェームズの最期を見た人物はいなかった。また、コルセアがナトマ・ベイに乗っていたかどうかの証言も得られず、息子の話す内容が事実か確認する事はできなかった。すると、新たな情報が。ラーセンと同じ部隊だったという老人を見つけたのだ。ジャック・ラーセンは実在した!しかも、ラーセンは生きていた。ブルースはラーセンの家を訪ねるためアーカンソー州へ飛んだ。ラーセンからジェームズ・ヒューストンの話を聞く事はできたが、彼もまた、ジェームズ・ヒューストンの最期は見ていなかった。その年のクリスマス。ブルースは、ジェームズに3体目の人形をプレゼントした。そのとき、他の2体になぜビリーとレオンという名前を付けたのか聞いてみると・・・?ジェームズは「ビリーとレオンが僕を天国で迎えてくれたんだ」と答えた。ブルースはまさかと思い、戦死者名簿のコピーで確かめると、そこには2人の名前があった!それぞれ、硫黄島でジェームズ・ヒューストンが戦死する4、5ヶ月前に亡くなっていた。またしても、息子の言葉が、60年前の事実と一致していた。

しかし、ナトマ・ベイとコルセアの接点は、その後も発見する事は出来なかった。本当に、ジェームズ・ヒューストンはコルセアに乗っていたのか?本当に日本軍に撃墜され、炎上して墜落したのか?2003年2月。ブルースは、ジェームズ・ヒューストンの実の姉アン・バロンと話す事ができた。1週間後。アンから手紙と写真が送られた。ジェームズが写っている後ろには・・・なんと、コルセアがあった!やはり、ジェームズ・ヒューストンはコルセアに乗っていたことがあったのだ。それからほどなくして、ジェームズ・ヒューストンの最期を見たという人物が現れ「彼は、日本軍に撃墜され硫黄島の海に沈んだ」と教えてくれた。

2歳の頃からジェームズが語り始めた夢の話は、60年前の事実だった。ブルースの調べた限り、全て正しかった事が判明したのだ。この不思議な話をブルースは本にまとめ、出版した。あれから7年。現在11歳になったジェームズくんに番組スタッフが会いに行ってみた。彼は7年前の出来事について「覚えていません」と語った。それでも、将来の夢は空軍のパイロットになる事だという。いつの日にか、彼がジェームズ・ヒューストンのように、大空を自由に飛び回る日が来るかもしれない。

別にいまさらびっくりすることはないかな。。。こういう報告はかなり多いし、少しでも興味がある人なら生まれ変わりがあることに気づいている人はいるのだから。

で、私が思うに、「現実」というのは「夢を見ている」ような状態だということ。人は死ぬとその「現実という夢」から覚める。そしてまた何かの理由で「現実という夢」に生まれて戻ってくる。その循環を生まれ変わりといっているのだということ。当然、この説明は比喩みたいなもので本当のところは現実という夢で過ごす人間の知性には捉えられないことでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。