スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山総理の狙い


一体、普天間問題を5月末までに決めるということで何をしたかったのか。

言える事は、国民的な議論を起こしたかったということは言えると思う。

沖縄に基地がずっとあったが、本土ではその存在すら殆ど意識すらされなかった事。実際に沖縄にどれくらいの基地があり、沖縄のどれほどの面積を占めているか。マスコミが騒いでくれた事で、嫌でもデータがインプットされた人は多いと思う。

首相が今月4日に沖縄に行った際に、抑止力という言葉を口にした。考えてみれば、あれは抑止力について議論させたかったのだと思う。わざと抑止力を肯定的に発言する事で。

そんな騒動になれば、普通に疑問が湧くわけだ。

「日本に在日米軍は必要なの?」という。

沖縄や徳之島が反対している報道を見る事で、「そんなに米軍が嫌なら、米軍には国外に行ってもらえばいいじゃないの?」って普通に思うだろう。

そこで国防という話になるけれど、自衛隊で国防は出来ないの、と疑問にも思う事だろう。

なんか迷走しているように見えながら、いろんな事を考えさせるようなパフォーマンスをしている。問題はどこからどこまでパフォーマンスなのか解らない、ということだけれど。

私が注目する点は鳩山首相と小沢さんのラインが非常に強固だということ。どちらも自主防衛論の持ち主である。

かなり綿密に政権交代後にどういう対応をしていくか、その前後に話し合った事だろう。

やはり最初から移設先などは決めていた。全て決めた上でこういう議論を起こしたのが、本当のところなのだと思う。

議論を起こす事で、行おうとすることに道筋を付けるために。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。