スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンドラの箱は沖縄で開いて、九州、そして日本全国へ


47都道府県の知事会で沖縄の米軍基地の負担分散を求めていくという話がでてきた。

つまりは、東京でも大阪でも名古屋でも、米軍受け入れの可能性を探るという事である。

沖縄の反対の声が大きくて、徳之島の反対も大きくなり、さて次は、と思っていたら、全国という話になってきた。

私が思うに、米軍が嫌ならば、日本のどこかに置くのではなく、日本にはいらないとはっきり言えばいいのである。自分の住んでいないところにあるから気にしなくても、自分の住んでいるところに出来たらどうか?考えてみて嫌なら嫌といえばいい。そして、自分が嫌な事は日本のどこに住む人の多くも嫌だろうなと想像する。

この頃マスコミでいろいろ言われている「政府案」とは、外務官僚や防衛官僚の作成した案である。彼ら官僚には最初から沖縄という頭しかなくて作ってるから、沖縄という不可能な案しか出て来ない。そこにはいろんな打算が働いてるのだろうが。

そういう官僚の論理で今までの日本は動かされて来て、今また官僚の考えるとおりの日本のままにしておこうという力が働いているのだろうけれども、そんなのはもうごめんではないか。そんな官僚主義には退場願いたいと思わないだろうか。

さて、沖縄からの火は全国へ飛び火した。多分鳩山首相あたりはそれを狙っているのだと思うが、この飛び火は日本全国に米軍というものが本当に必要かを考えさせる、よいきっかけになるだろうと思う。

そしてアメリカは日本の世論というものを非常に気にしている。この米軍憎しという感情が嘉手納基地や横田基地に飛び火する事を恐れている。

もともとアメリカは普天間はグアムに移設する予定だったのが自民党と官僚の強い要請で辺野古に移設になった。

アメリカ側にとってはさして重要でもない、普天間基地に対して強い反発を招き嘉手納と横田に飛び火する事は避けたい。どこかでアメリカが引いて日本国内断念という事になりそうだ。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

沖縄→全国というステップで反米工作ですか、なかなかのやり手ですな。ハトヤマは

2 ■大阪の

橋下のどアホが受け入れると言っているようですが。

3 ■反米工作

>Dr.きのこるさん
そうですね。これだけ国民の声を大きくするのはある意味すごいです。

私は一連の事を見ていて、変だと常々思うんですね。

米軍が一度拒否した杭打ち方式をなぜ提案するのか、徳之島にしても米軍は嫌がってるんですよね。なんでそれを提案するのか。いろいろ不思議です。

なんか単なる時間稼ぎとしか思えないような。しかも沖縄も九州も基地反対に火がついています。

これは予想しなかった展開になると思いますよ

4 ■みたいですね

>そうらんさん
彼は放っておけばいいと思います。多分次の知事会の時には全て決まってると思います
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。