スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄には独立という機運もあるらしい。

在日米軍をずっと沖縄に押し付けてきたことで、沖縄にはこういう考えも生まれてきつつあるようだ。このことは、昨日の副島さんへの岩上さんのインタビューでそういう考えが沖縄で出てきていることが触れられた。

沖縄に米軍をずっと押し付けているのだから、こういう考えが出てきてしまう。もともと沖縄は、琉球王国という別の王国だったわけで、江戸時代から薩摩藩の属領に加えられてきた。明治政府になって、正式に日本領になってから150年ほどの月日しかたっていないのだ。沖縄はその成り立ちからいっても、独立という考えが出てきてしまうのは当然のことである。

日本は沖縄に負担を押し付けるあまりに、日本分裂という目も出てきてしまっている。

沖縄が日本に戻ったのが1972年、それから40年ほどの月日が流れている。沖縄は戦時に日本国で最も陸上戦が激しかった地域でもある。戦後もずっと不遇の状態に置かれてきた。

沖縄以外に住む人は、沖縄が独立してもいいのだろうか。

それがだめなのなら、本土の人ももっと沖縄から米軍の負担を減らすことについて考えていく必要があるのではないか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■独立機運

自然ですね。
損ばかりさせていて
悲惨ばかりを押し付けているのに、
マスコミはじめ
人権だの、国益だの、日本外交の脆弱だの
唱えるばかりで
何がうれしいのか沖縄問題の外交進展を
鬼の首とったかのように、
アメリカの奴隷のままで正しい国の進路だと
日夜大宣伝しています。
カンゾクという言葉に適格マスコミです。

2 ■Re:独立機運

>ktnpoさん
沖縄県は、普天間を県内移転ということになると、日本からの独立ということも考えていくとぶち上げてもいいと思います。
それくらい政府にプレッシャーを与えていいですよ。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。