スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビル・トッテン氏の日記より

株式会社アシストの社長のビル・トッテン氏のコラムはずいぶん前から注目していた。

私がカナダに住んでいたころからだから、10数年くらい前だろうか。すばらしいコラムを書く人だとそのころから感じていた。

日本に訪れた素晴らしい好機

日本の政治家がアメリカの言いなりになる姿を目にするにつけ、アメリカ国籍を棄て、日本国籍を取得した者としてやりきれない気持ちになる。敗戦による占領が終わり50年以上経つのに、いまだに宗主国の指示のもとでしか動けない日本のリーダーたちの姿は、同じようにイギリスから支配をうけたインドのようだ。

日本の場合は公用語が英語にこそならなかったが、イギリスがインドで行なったような政策をアメリカは戦後日本に対してとってきた。イギリスはインドに英語を導入し、それまでの伝統的な教育制度をすべてイギリス式に変えた。教育こそが人を作る、すなわち国にとって重要であるということを十分理解していたからである。このことはノーベル賞を受賞したインドの経済学者アマルティア・センが著書「議論好きなインド人」の中で、19世紀、イギリスのマコーリー卿が議会に対して植民地統治を成功させるためにまずインドの教育制度を棄てさせ、外見はインド人だが中身はイギリス人を作ることを提案したことについて書いている。

アメリカが日本に対してとった政策も、『アメリカの鏡・日本』という本に詳しい。これはマッカーサーが占領中の日本で翻訳出版を禁じた書で、GHQ労働関係諮問委員会のメンバーとして来日したヘレン・ミアーズが1948年に書いたものだ。ここには近代以前の日本の神道は自然と祖先に対する信仰であり、習俗であり、軍事的なもの、国家的なものの対極にあったこと、日本の外交は徹底して平和主義だったこと、それに対してヨーロッパ諸国がいかに拡張主義であったかなどが書かれている。

秀吉が朝鮮出兵に失敗した頃、スペインはペルーとメキシコを征服し、フィリピンに地歩を固め、ポルトガルは世界を駆け巡り、ジャワ諸島、インド、マレーの沿岸地帯、マカオ、中国沿岸部に及ぶ広大な帝国を築き、イギリス、オランダはスペイン、ポルトガルと競いながら、徐々にポルトガル領の大部分とスペイン領の一部を収めていた。日本のサムライ階級が茶の湯に親しみ、花を活け、隠遁的芸事に勤しんでいるとき、ヨーロッパ人は貿易、征服、戦争、植民地化といった本当の意味の帝国の建設を目指して東西南北に広がっていたのである。

そんな日本を変えたのは、戦後、その精神の根底にあった 古神道、仏教、儒教、武士道 などを一掃させる教育制度だったことはいうまでもないだろう。アメリカは、インドと同じく外見は日本人だが中身をアメリカ人を作り変えることにみごとに成功した。

そう考えると、宗主国アメリカの没落は日本に訪れた素晴らしいチャンスのときである。失われた10年、20年を嘆くのではなく、それ以前の(もちろん明治時代の国家神道以前の)、日本の素晴らしい伝統文化、価値観を取り戻すのにこれほどふさわしい時はない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■拝読です

明治以前の日本に戻る、
ちゃんすであると、自分も思います。
世界の孤児になる日本人
が目前です。
もっと、深い心を持った本来の日本の矜持、
心を、思い出すことしか、
厭世的、退廃ないし、カオスから抜け出ることがむづかしいと思います。

2 ■Re:拝読です

>ktnpoさん
そうですね。明治以前の日本の文明は決して海外には劣っていなかった。だから、明治維新も行われたし、他のアジアの国とは違った道を歩めたのだと思います。

今一度江戸時代のよさを再発見するチャンスだと思います。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。