スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射能を放出しない常温核融合

The journalで常温核融合が紹介されています。

Richter:新たなエネルギー革命を秘めた研究開発に国の支援を! ── 凝集系核融合反応熱を利用したクリーンエネルギー


マスメディアはほとんど報じない記事として、地球上のクリーンエネルギー革命を秘めている凝集系核融合反応に注目したい。本反応系は1989年に世界中を賑わし、再現性が問題となった常温核融合に利用した実験系とは全く異なり、金属微粉末を入れた真空容器内に重水素を導入する非常にシンプルな実験系で、反応によりヘリウムガスと反応熱のみが発生するというものである。

凝集系核融合反応は熱核融合、原発、高速増殖炉のような生命に危険な放射線を出すことはないことが大きな特徴である。同時に装置の小型化が可能であり、実用化されれば家庭、自動車、電車、船、飛行機等にも設置可能であり、従来の遠隔での集中型大規模発電方式を置き換える可能性もある。すなわち分散型クリーンエネルギー源として最適である。・・・

常温核融合は大学などでは研究がなされていて、大学や企業の実験室や小規模なシステムでは観測されている現象です。

でも、マスコミでは紹介されないのですね。原発のような大規模な利権を持ったところからすれば、新しいクリーンエネルギーを広めさせたくない。それにマスコミも同調して(マスコミは利権屋の情報局ですから)、このことは広まらないようにされています。

あとは、従来の原子物理学では説明がつかない現象だということも、批判の対象になってしまっています。でも理論はあくまで理論であって、説明できない現象が実験やシステムなどで観測されたなら、その理論を疑って修正していくべきなのですけどね。
あくまで理論は理論なのですから、現実を越えるものではありません。

原発を推進したい勢力は、この現象を黙殺するでしょう。なぜって原発は利権になりますから。この常温核融合は仕組み自体は難しくはなく、比較的小規模なシステムでも稼動するようなので、利権にはなりにくいという特徴があります。

社民党あたりは、この常温核融合に予算をつけるように動いてくれないでしょうか。原発を批判するのはそれでそれでいいのですが(私もしますし)、これからのエネルギーを担う技術として育てていくことも脱原発につながる行動ではないでしょうか。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。