スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベジタリアンになってから出直せ!と言いたい


昨日、ライブドアニュースを読んでいたら(Yahoo!とはまた違ったニュースを取り上げるので)、イルカ猟の映画でアカデミー賞を取った監督のインタビューが載っていた。

「イルカは牛や豚より脳が大きくて知能が高い」とか、「自分はベジタリアンでないから牛や豚は食べる」など言っていた。

全く自分達の文化だけが優れているなどと思っている西洋人の典型である。少なくとも哺乳類は食べないベジタリアンになってから、イルカ猟を批判しろよと私は言いたい。

牛や豚を食べながら人のイルカ猟を批判するような資格はない。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■それね?…

会長さんがなうで捕鯨の話書いた日に中日新聞にも掲載されてました。

監督は「イルカは水銀を蓄積しやすいのでその警告の意味もあって映画を作ったのに記事とかでは水銀の話にはほとんど触れない」と言っていたそうです。

映画を観たことはないので言っちゃいけないのかもしれないけど偏見がないとは思えませんが…。

2 ■水銀はいろいろ言われますが

>聖良&しもべさん
もともと水銀がどこから流入したかを明らかにして、それを止める事がまずは必要だと思いますが。クジラやマグロに水銀が蓄積するというのは枝葉の部分なわけで、根本の原因を改めないと駄目だと思います

さて、牛や豚を食べるのを批判せずに、アジアの食を批判するのは説得力がありません。私が思うのはクジラも牛も豚も犬も猫も同じ哺乳類でどれも強い感情を表す動物です。牛や豚はよくてクジラや犬、猫が駄目という理屈は成り立たないということです

また環境の面から考えれば、自然に海で育つクジラを食べるよりも、地球的公害を引き起こしている牧畜業で飼育される牛や豚を食べる方が環境を悪化させます

そういう視点を全く欠きながら一方的にクジラ猟だけを叩くのは合点が全くいかないんです

3 ■まったくもって

そうですよね。
クジラ漁(イルカも)全面的に賛成!というわけではないですが
そこだけにやたらと執着する意味が解らないです。

まだクジラやイルカは逃げるということが許されている状況ですが
では、人間に食べられるためだけに産み落とされ育てられ殺されていく豚や牛や鶏は可哀相ではないのか
クジラと同じだけの脳があり、人間と似たような思考が出来るのであればそれらを本当に食さないのか…?
色々突っ込みどころ満載すぎますが
突っ込んでも、同じ発言を繰り返すばかりで
頭がかっちかちですね。

4 ■本当に

>ひな☆.。.:さん
逃げる事が出来るイルカ等を狩るよりも、逃げる事ができない牛や豚を食べる事の方が残酷だと思います

生まれた時から食べられる事が決まっていて、しかも自分達が殺される事に恐怖の感情がしっかりとあるのですから、比べものにならないほど残酷では?

イヌイットはアザラシやカリブーを狩る時に、アザラシたちが自分達の肉を捧げて来てくれたと考えます。そして彼らの魂を供養するような事をします

それと比べて家畜の扱いはひど過ぎます。

それを省みる事をしない欧米人のエゴに対しては日本は断固とした態度をとってよいと思います
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。