スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやきのフォローは面白い。

岩上安身氏のつぶやきより

# 岩上安身 iwakamiyasumi
 
安保と同盟の違いについては、私のHPの孫崎氏インタビューを参照のこと。海兵隊のグアム移転も、戦略的な必要性からではなく、隊員とその家族の慰安のためである。沖縄で過ごすのは、必ずしも海兵隊員にとって、安楽なわけではないからだ。何とも気の抜けるような話であるが、それが現実。

続き。それなのに、今、キャンベルなどが、辺野古移転案にしつこくこだわって見せるのは、先に触れたとおり、米国の財政難が一段と深刻化して、グアムなどへの移転の予算が捻出できないため。もちろん、これはディールであり、チキンゲームである。ゲームから、岡田、北澤両大臣と、平野長官も降りた。

続き。チキンゲームから降りていないのは、鳩山首相だけになっていた。さすがに首相一人では、しのぎきれないかも、と思っていたら、沈黙していた小沢氏が、沖縄県内への移転に対して否定的な意向を示した。希望をつないだとは、このこと。小沢氏は、米国とのチキンゲームから降りてはいなかった。

続き。解決への時間がかかっていることを、日本国内では、誰もが非難する。特にマスメディアは非難一色だが、期限を区切って急がせているのは米国。日本のマスメディアで、真の国益を考えているところは見当たらない。日本の長期的な国益を考えたら、期限を区切らずにしぶとく交渉する手もあった。

続き。そうは言っても、期限を区切るように追い込まれてしまったのだから、それは仕方ない。だが、世間の評価とは反対に、鳩山政権が、解決を急がずにいることを、外交の専門家として高く評価する。それは米国の圧力にまだ屈していないことを意味するからだ。ここに日本の自立の可能性を見る。

在日米軍が日本の防衛にとって必要だというのは幻想である。そのことをマスコミは言わないし、さも必要のようにいう。

日本には世界有数の軍隊である自衛隊が存在する。これほどの軍隊を他国のほとんどは持てない。

日本は独立国であり主権国家であるならば、アメリカの軍隊に退去を要請することもできるのだ。それができないならば主権国家でないということだ。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。