スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩上安身氏のツイッターが非常に興味深い

私はこのごろジャーナリストの岩上安身氏のツイッターをよくウォッチしている。

氏はフジテレビの「特ダネ」のコメンテータを現在でも続けていて、今でもテレビに出ている人だが、このごろツイッター上で検察やマスコミの批判をし始め、ネットでは副島隆彦氏とも会談を行った動画がアップされている。

テレビにレギュラーとして出ている人物が、ネットを軸に検察・マスコミ批判を行っていくというのはThe journalの高野孟氏なども行っている。しかし、面白いのはリーマンショックなどを予想するなど、もっと評価されてもいいはずだが表の言論界からは封殺されてしまっている副島氏とネット会談を行うなど、今までの検察・マスコミ批判のジャーナリストとはまた違う軸に沿って展開していることだろう。その岩上安身氏には、Aobadaiさんも注目しているようで、つくづく興味分野がかぶるものだと感じている。

さて、民主党政権に対しては私もいろいろと異論があるのだけれども、今の検察やマスコミの異常さが正常にならないうちは民主党政権を支持し続けるつもりだ。検察とマスコミの腐敗した根っこをしっかり掃除しないことには、また検察とマスコミが支配する国家に逆戻りし、同じことを繰り返すことになってしまう。この20年間、日本が迷走してきたことからまずは抜け出て、前に進まないといけない。

私の以前の記事「右とか左とか。」にも書いたのだけれども、民主党政権支持というのは、右とか左とかいう範疇の話ではない。

「今まで日本を支配してきた利権構造による政治」を「民衆主導の政治」に転換するということだ。このポイントが分からない人にはよく出くわすのだけれど、そういう人は右や左といった対立、または官僚主導や政治主導といった対立に単純化してしまう。

まずは、掃除人としての民主党政権がしっかりと今までの既得権益を断つということが必要なのであって、今、民主党政権が分裂・崩壊して政界再編となったり、または再度政権交代が起こってしまうと、その部分の掃除が行えずに腐った根っことして残ってしまう。

その腐った根っこを葬り去るまでは、民主党政権が続かなくてはならないという、単純にそういうことなのである。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。