スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムネオ日記より

ムネオ日記より

 昨日、原口一博総務大臣から電話があり、「総務省の行政評価機能強化に向けた検討会で、検察の裏金についても全部オープンにし、聖域なくやります」と力強く語ってくれた。検察の裏金に言及した原口大臣の決意は重い。
 1月29日、政府は私の質問主意書に対し、「検察庁の調査活動費は適正に執行されており、調査の必要はない」という答弁書を閣議決定した。官僚の書いた答弁書であったことは明らかである。
 原口大臣は記者団に「検察に裏金があるかどうかも含め、全省庁を対象に、調査に着手する。新政権になり、今までのあかを全部落とさなければならない」とも述べている。十分アンテナを張り、今後の動きに注目していきたい。政権交代、ビロード革命は着実に進んでいる。
 昨日の党首討論のことがテレビ、新聞で取り上げられている。メディアの受け止め方も様々である。
 一つ言えることは、今までの党首討論はかみ合っていなかったが、昨日の討論の中では、企業・団体献金の全面禁止に向け、政治資金規正法改正のための与野党協議機関をつくろうという点で一致したことである。鳩山首相の「賛成したい。大いに進めていこう」という発言は評価できる。多くの国民も納得したことだろう。
 速やかに協議機関を立ち上げ、今国会中に成案を得るべきである。
 バンクーバーオリンピック、スピードスケート男子1000メートルは、残念ながら良い結果が出なかった。
 男子スノーボードのハーフパイプでも、別の話題をつくってしまった国母選手が、名誉回復のため、大仕事をやってのけるのではと内心期待していたが、やはり心にスキがあったのか。本人も無念だったことだろう。
 オリンピックがはじまってから、夜はテレビニュースに釘付けになることが多く、寝不足になりがちである。それでも日本選手の活躍を見ないと収まらない。性格は変えることができない。
 最後まで応援していく。

◎ 本日提出した質問主意書2件
・ №43 検察庁における調査活動費の裏金流用疑惑に対する鳩山由紀夫内閣の見解に関する第3回質問主意書
・ №44 2月22日の「竹島の日」に対する鳩山由紀夫内閣の関与、協力に関する質問主意書



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。