スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速無料化は35区間前後に 地方2車線中心に国交省

高速無料化は35区間前後に 地方2車線中心に国交省

 6月をめどに実験的に始める高速道路無料化の対象は全国で35区間前後になることが29日、明らかになった。前原誠司国土交通相ら国交省政務三役が方針を固めた。交通量が少ない地方部の2車線区間を中心に最終的に決定する。

 これまでの調整では北海道横断道、日本海沿岸東北道、山陰道、東九州道、沖縄道の一部区間での実施が固まった。このほか関東と四国にある路線の一部区間も対象に挙がっているという。

 一方、フェリーなどへの影響が大きい本州四国連絡道路と、交通量の多い東名高速、名神高速などネットワークの骨格となる道路は対象外とする。また首都高速や阪神高速については前原氏が有料を維持すると明言している。

 2010年度予算で無料化に充てる予算は1千億円。具体的な区間や無料化の期間は、前原氏が2月2日に発表する予定。

 無料化以外の区間では走行距離に応じて支払う現行の料金制度を見直し、「普通車2千円、軽自動車千円」などと走行距離が長くても一定以上の通行料を徴収しない上限料金制を導入する方向で検討を進めており、制度が固まった段階で別途発表される見通し。

地方の過疎化した道路を中心に無料化が実施され始めることになるようだ。

東京から大阪までの高速道のように、交通量の非常に多い路線などはむしろ交通料金を高くするということがあってもいいと思う。

日本の過密・過疎を大きく改めることのできる策の一つでもあって、私はこの地方高速無料化は重要だと感じている。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

 高速道路無料化は、フェリー業界への影響は大きいと思います。
 四国?本州間のフェリー業者は消えてしまうかもしれませんね。

2 ■高速道路無理化は

>おいらは、ちびのり。斉天大聖!さん
本州四国間は無料にしないという事なので、フェリーなどは関係ないです。
地方の代替交通のないところが主になるので、既存の路線の有効活用にもなります
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。