スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り調べ可視化をしなければ、政権交代の意味がない!

取調べ可視化は政権交代での一番重要なことです。取調べ可視化がされなければ、政権交代の意味はありません。

それは決して過言ではありません。。

日本は常に冤罪が発生してきました。

既に海外の主要国のほとんどは取調べ可視化がなされていますが、それがなされていない日本では犯罪検挙率は99%と非常に高い。しかし可視化がなされているところでは60%前後です。つまり犯罪とされてしまう人の3分の1は無実である可能性がります。

私のところによくこられるmiyakeさんのブログ「えん罪・仙台北陵クリニック事件」では、守大助さんの冤罪を晴らそうと頑張っておられます。

取調べ可視化がなされなければ、私たちは普通に生きていても、いつどこで犯罪者に仕立て上げられるか分かりません。

民主党政権は取調べ可視化を絶対に今国会で行わなければいけません。それをしてこその政権交代で、それを皮切りに自民党政権での様々な膿を出すことができます。しなければ、日本をよくすることなどは決してできません。

どうも民主党にはいろいろな圧力がかかっているようです。でもこういう圧力がかかることは当然見越していたわけで、それに対して政権は対策は練ってきたはずでしょう。今は紆余曲折を経ているように思えますが、相手(検察)を出し抜くための演技ではないかと予想はしています。

ただ、まだどうなるか分からないのでどうとも言えません。とにかく取調べ可視化をしなければ日本はさらに悪くなる方向に進むことは明白でしょう。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■こんばんは。

いつもありがとうございます。

政権交代後に期待していましたが早期には無理

でも足利事件・布川事件の再審裁判で自白の

強要や取調べテープが明らかになつた今こそ

国民は自白の強要に目線が行つてます。

だからこそ法案に向けて動くべきですが

何やら裏にありそうです。

取調べ全可視化と同時に司法取引に案もありま

すがこれは怖いですね。

2 ■司法取引は

>miyakeさん
今でも実は行われているようです。司法取引が残っては取り調べ可視化の意味が半減します

ここは取り調べの全面可視化のみをする事ですね。司法取引はしてはいけないです

取り調べ秘匿が検察の権力の源泉だということは、民主党政権はわかっているはずです。そしていつまでもそれを許しておけば、政権の足元はいつ掬われるかわかりません

首相はマスコミの批判にも関わらず小沢幹事長をそのまま続投させています。これは検察との戦闘体制を解いてはいないということです。

首相は言葉が非常にあてにならない人物だと私は感じてます(検察やマスコミなどの裏をかくためでもあるでしょう)。なので行動だけから推測すれば、検察と戦う意思があるということです。

普天間問題もそうですが、タイミングを見計らっているように私は感じますね。

3 ■無題

遺体解剖率の向上に、時効の廃止などようやく日本の司法が少し筒か割りつつありますね。安全な社会だったのではなく、安全に偽装してきたんですから。これで治安に対する関心が高まって地域の再生につなげるような手を考えなくてはなりません。

4 ■安全だと偽装してきた…

>Dr.きのこるさん
確かにそういう側面はあると思いますね

日本が外国に比べて治安がいいのは確かですが、この有罪率の高さは異常です。だから冤罪が生まれるのですから

まずは可視化を実現ですね。検察という前近代的な組織が壊滅する必要もありますし
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。