スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温暖化ビジネスを推進の報告書が嘘だと認められた。

ヒマラヤの氷河消失という報告書があったのだが、実は誤りであったことが分かった。

ヒマラヤの氷河消失、報告書は誤りと陳謝

1月21日10時22分配信 読売新聞
 【ワシントン=山田哲朗】国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は20日、声明を発表し、2007年の第4次報告書で「ヒマラヤの氷河が2035年までに解けてなくなる可能性が非常に高い」とした記述は科学的根拠がなく誤りだったと陳謝した。

 世界中の科学者が協力して作成した報告書は信頼性が高く、IPCCはアル・ゴア元米副大統領と2007年にノーベル平和賞を受賞したが、地球温暖化の懐疑派は「報告書の信頼は揺らいだ」と攻勢を強めている。

 欧米の気象学者らが20日、独自に発表した分析によると、報告書は問題の部分を世界自然保護基金(WWF)のリポートから引用した。WWFは英国の一般向け科学雑誌ニュー・サイエンティストが1999年に掲載したインド人研究者についての記事を引用した。しかし、この研究者の論文は未公表で、氷河消失の時期も予想していなかった。

 「2035年」という時期は、別の文献の「2350年」を写し間違えた可能性があるという。分析は「査読を経た論文を基礎に置くという科学の基本を守れば回避できた間違い」と指摘している。

最終更新:1月21日10時22分

温暖化は本当に起こっているのか?都市部などで気温が上がっているのはヒートアイランド現象と呼ばれる現象である。そして都市部以外では気温の上がっているポイントは多くない。

実は太陽の黒点が少なくなったことからも、寒冷化するとも言われてもいる。

結局のところ、気温は上がっているのか下がっているのか分からない状態だと言えそうだ。その自然現象のデータをいじって自分たちにとって都合のいいビジネスを起こそうとしていたとしたら、全くとんでもない詐欺だ。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■太陽の黒点

太陽の黒点は10年から11年周期で増減します。3年前が一番少なく、これから増えて行きますが、黒点が増えると短波放送の電波が遠くまで届くようになりますが、黒点の回りは温度が低いため、気候は寒くなります。多少のタイムラグはありますけど。黒点の少ない時期はゼロなんて日もありますからね。

2 ■無題

 またもや、温室効果ガスによる温暖化データの捏造発覚ですか、呆れますね。
 温室効果ガスよりも新興国の大気汚染・水質汚染の方が問題だと思います。

3 ■Re:太陽の黒点

>そうらんさん
結局何がなんやら分からないってことだと思います。こういうことをいいながら放射能汚染を引き起こす原発を推進するのですから、危険なんてものじゃないです。

人類は科学で世界の全てが分かると錯覚しているところから、こういう問題を起こしていると感じます。

4 ■Re:無題

>おいらは、ちびのり。斉天大聖!さん
ええ、温暖化といって世界の人々を操ろうとしていましたが、段々化けの皮がはがれてきています。

環境問題には、もっと喫緊のものがあります。大気汚染、水質汚染、土壌汚染、水不足など。

実はこの4つには牧畜業が大きく関わっているのですよね。。。だから私は牧畜業(肉食)の害を知らせることが環境問題の解決には大きいと感じているのです。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。