スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可視化法案は、今国会の最初の法案として政府立法として成立させろ

可視化法案は、民主党の掲げるマニフェストの中で一番重要な法案だといってもいいくらいのものだ。

それを政府提出ではなく、議員立法で提出というあやふやなことをするらしい。

可視化法案、今国会提出を検討=輿石氏「国民は民主激励」

1月20日12時47分配信 時事通信
 民主党の輿石東参院議員会長は20日午前の参院議員総会で、同党が衆院選マニフェスト(政権公約)に掲げた容疑者取り調べの過程を録音・録画して可視化する法案について、「(今国会に)提出すべきではないかという意見がある。ここは冷静な判断の上にきちんとした対応が必要だ」と述べ、今国会に議員立法で提出することを検討していく考えを示した。
 可視化法案については、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる事件で、元秘書の石川知裕衆院議員が逮捕されたことを受け、同党内で提出の機運が高まっている。
 輿石氏は、同事件に関して「『民主党頑張れ』というファクス、電子メールが来ている。一連の目に余る情報漏えい、過剰なマスコミ情報に、国民もようやく本質に気付きつつある」と指摘した。 

しかも、なんだ、このトーンダウンした会見は。この法案を決めなければ政権交代の意味が全くないのに気付かないのか?阿呆だろ。

首相、取り調べ可視化「法案提出考えていない」

1月20日20時29分配信 産経新聞
 鳩山由紀夫首相は20日夜、民主党内で今国会成立を求める声がある取り調べの可視化法案について「政府としては、通常国会に法案として提出する予定だとはうかがっていない。したがって提出を今、考えてはいない。事件が起きたからといって、反作用的に行動すると検察批判と受け止められる可能性もある。こういうときこそ冷静にしていくべきではないか」と述べた。首相官邸で記者団に答えた。

 ぶら下がり取材の詳報は以下の通り。

 【民主党内の検察批判の動き】

 ??今、民主党内に「石川議員の逮捕を考える会」や「捜査情報の漏洩(ろうえい)問題対策チーム」などを立ち上げる動きがあり、党内の検察批判が高まっているように見受けられる。これらの動きは「検察の公正な捜査に影響を与えかねない」との指摘もあるが、好ましいと考えるか

 「はい。私は前から申し上げているように、自分自身も検察に対して、圧力を加えた発言をしたつもりもまったくありません。党も、ここは捜査の行方を冷静に見守るべきだと思っています。したがって、あまり熱っぽく行動することはやや控えて、冷静にされたほうがよろしいと思います。そう求めたいと思ってます」 

 【取り調べ可視化法案】

 ??取り調べの可視化法案だが、今回の石川知裕衆院議員らの逮捕を受けて民主党内から今国会に早期に提出して成立を目指すべきだという声が高まっているが政府としては、どのように対応する考えか

 「うん。私は、政府としては通常国会に法案として提出する予定だとはうかがっておりません。したがって、提出を今、考えてはいません。こういう事件が起きたからといって、反作用的に行動すると、そのことがまた、検察に対する批判と受け止められる可能性もありますから、むしろ、こういうときこそ冷静にしていくべきではないかと私は思います」

 【小沢氏への説明要請】

 ??石川議員が土地代金に充てた4億円を政治資金収支報告書に記載しない方針を、小沢幹事長から了承を得たという報道があるが、事実関係を小沢幹事長から直接、説明を求める考えはあるか

 「うん。私はまさにこれは、事実関係が明らかではありません。まさにこういうものは、捜査によって、明らかになる話でありますから、こういうことに対して、今、私から何かを幹事長に求めるということを致すつもりはありません」

 【補佐官人事】

 ??昨日ぶら下がりで枝野幸男衆院議員を首相補佐官とする人事案について、副大臣・政務官が決まったら、そこでも頑張ってもらいたいと述べたが、補佐官起用がなくなったという意味か

 「いや、そういうことではありません。そういう人事も一部で考えている節もあるということで、ダブってはいけないわけでありますから、むしろ、それまでの間というような発想があるのかどうかということで、今、検討を加えてんじゃないかと思います。詳細は、必ずしも私は承知をしておりません」

 【民主党内の検察批判】

 ??「党に冷静な行動を求めたい」というのは何か具体的に考えはあるか。幹部に伝えるとか…

 「今、必ずしも考えてはおりません。しかし、何らかの方法を考えた方がよろしいかなと。あまり熱が入ること、そのことは、かえって望ましくないんじゃないかと私は思いますから、何らかの方法を考えてみたいと思います」

 ??「冷静に求める」というのは、民主党内の動きが検察への圧力となりうるということか

 「うん。むしろ、こういうときは、冷静にしていた方がお互いに正しい判断ができるのではないかと思いますから、あまり圧力を加えるというふうに思われるようなことは避けた方がよいんじゃないかという意味です」

 【可視化法案】

 ??提出しないと述べたが、検察批判と受け止められるからか? それとも…

 「こういう事件が、私はマニフェスト(政権公約)のなかに、当然、党としてもあったわけです。したがって、党の中でまとまり、必要ならばという思いは、あるいは出てくるかもしれません。しかし、ここはこういう事件が起きた。だからという発想になることは私はむしろ、冷静にしたほうがいいと思いますので、今、少なくとも政府として提出法案の中に入っていないという考えであれば、そのようにした方がよろしいのではないかと。現在、そう思ってます」

別に検察がどうとかは関係なく、これからの冤罪を防ぐためには、可視化は当然のことで、この法案は企業団体献金禁止、クロスオーナーシップ禁止と並んで最も重要な法案だ。

検察がどうとかは気にせず、冤罪を防ぐために今国会での早期の成立を目指すといいなさい!!

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■こんばんは。

足利事件の再審裁判でも注目された

取調べのテープが問題なのですが

何なんでしょうね、

期待していたのに(・ε・)

2 ■Re:こんばんは。

>miyakeさん
菅谷さんは録画テープを聴いていたら気分が悪くなって一時退席されたようですね。

足利事件のようなことがもう起こらないように、ぜひとも可視化法案は今国会の早い時期に通さないといけないですね。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。