スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主主義とは

国民が自分たちで自国をどのようにしたいかを決めていくシステムのこと。

民主主義は自民党のときは、それらしいものが存在してただけだった。そして民主党になっても、自分たちで国を決めるという風には変わってきてはいないな、と思う。

民主党には勘違いしているところがあって、政権をとったから自分たちの主義主張を何でもかんでも通せると思っている人たちがいる。

政権をとったなら何でも通していいわけではなく、国民の大多数が望むことを行うのが民主主義である。そして国民の大多数が望まないことを行うなら、徹底的な議論を行い、時間をかけて、時には数年や10年という年月をかけて国民が納得するような形で決めるのが民主主義である。

さて、外国人参政権というものを民主党が今国会に提出するということになった。いろんな意見が錯綜するわけなのだけれども、はて、国民が完全に蚊帳の外に置かれた感じがするのは間違いではないように思う。

外国人参政権を国民はどう思うか。どれだけの国民が賛成または反対し、どれだけの人が十分な知識と意見を持っているか。実際はほとんどの人にとっては、それはなに?というほど唐突なものだと思う。

前述のように、民主主義であれば十分な議論、この場合は国の根本的な仕組みに関わる問題であるので、問題提起をまずはして、少なくとも数年をかけて国民が意識するように議論を深めていくのが正しいと思う。それをいきなり民主党は今国会で成立させるという風に無理やりな話にいきなりなっている。

自民党政治の時も思っていたのだけれども、そして旧社会党にも現在の民主党にも感じることなのだけれども、政党や議員というのはなんて独善的なのだろうと思う。自分の言ってることは絶対的に正しい、といういわば勝手な思い込みで国を動かそうとする人たちが多い。

国民がしたいことは何か。自分たちの国の行く末は自分たちで決めたいということである。政治家は国民が望むことを専門知識を駆使し、実務レベルまで落とすのが仕事である。政治家が自分たちの主義主張で勝手に何かを行うことを望んではいない。そして実務レベルにまで起こしたことを、実際に遂行するのが官僚および公務員である。

政治主導と民主党はいうけれども、政治主導とは国民主導のための道具である。つまり政治家は国民に仕えるのである。

今の政治家にはまだそのことを分かっていない人間が多い。それを見ていると、民主主義が全く日本では育っていないことを痛切に感じるのである。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■勘違いしている民主

「民主」が選ばれたのではなく「自民」が拒否されたのです。
なのに民主は自民と同じ手法も使うし、自民以上の強攻策にも出る。しかし根拠論拠が未熟ときている。
金遣いも荒い。。。
軌道修正できなければ民意は離れます。

しかし、突っ込み処のここを突けない自民も困ったもんだ。(´д`lll)

2 ■国民の声が届くシステム

無いように思いますね。。。

国民の側も、意見を口に出さないのがいけないのでしょうが、白痴化教育を行ってきた旧政権の勝利と謂う見方も出来ます。。。

こんなとき、冷静に状況を診てベクトルを正す提言をするのが マスメディアの役目だと思います。。。
・・・ 平気でウソを吐いたり 情報操作をして心が痛まないようだから 期待はできませんネ...

3 ■Re:勘違いしている民主

>pupperさん
そうですね。民主を選んだわけではなくて、自民を見放したわけですから、そこを民主は分かっていないとダメなのですが。。
マスコミや検察などの官僚は既得権益なので、民主党は無視しておけばいいと思いますが、国民に対しては謙虚になる必要があると思いますね。民主党は自民党政治の掃除をすることのみを考えればいいと思います。

4 ■Re:国民の声が届くシステム

>simpleさん
国民の声は届かなくなっていますね。だから、こういう状況では国民が望んでいることをつかめなくなっています。そして国民の多くが反対するような原発推進なども民主党は行おうとしてしまっています。

マスコミが全く機能しなくなっているのは、今の日本にとって大きな不幸だと思いますね。。。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。