スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鯨釥と四足動物鉧


昨日またまた過激な動物愛護団体が日本の捕鯨船に体当たりするというニュースが報道されました

私はいつも、鯨はなんでダメで牛や豚はいいの?と思うんですよね。

どちらも同じ哺乳類なんだから一緒じゃないの?
牛や豚は屠殺場で殺される時、とても恐ろしそうに悲しそうに泣くんだよ。自分は今から殺される事をはっきり自覚してるんです。多分、鯨もそうなんでしょう。

欧米の人達が鯨がダメで牛や豚は良いという理由の一つには、知能が鯨の方が高いというのがあるのだけれど、牛や豚も涙を流すように自分が殺される事を自覚するだけの知能は持っているわけで、その理由は全く当て嵌まりませんよね。

もう一つの理由に聖書に四足動物は食べてもいいと書いてある事があります。それを理由に自分が食べないというのはいいですが、他人に強要するのは間違いです。

鯨がダメというならば、牛や豚もダメなわけで、彼らは牛舎や豚舎にのりこんで抗議しなくてはならないと感じるのは間違ってないと思いますが。

ようは鯨も牛、豚なども全て一緒だよということです。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

 どうしても自分たちの考えを押し付けたいみたいですね。過去に散々鯨油を求めて多量の捕鯨を行っていた事を鑑みずにです。
 鯨も骨格だけは4本足だったような気がしますけどね。
 キリスト教が正義だって、誰が証明するんだろう?

2 ■まったく同感です。

鯨をとらないから魚が取れなくなっているんです。

温暖化が原因じゃありません!

ピラミッド型の頂点が増えすぎているので底辺の鰯や稚魚が少なくなり結果様々な魚の食料がなくなっている事が原因です。

水産業としては死活問題で水産業で経済を保っている国なのに何故にもっと国で対策に力を入れないのか疑問です。

道路うんぬんより農業と水産業が復活すればまた国は潤いはじめるはずです!

3 ■Re:無題

>おいらは、ちびのり。斉天大聖!さん
白鯨のような文学作品でも有名な話ですね。

キリスト教は世界中でいろんな戦争を起こし続けています。それはイスラム教よりも広範囲にかつひどい殺戮をおこなっているのではないでしょうか。

全く世界最大の癌の一つですね、キリスト教は。

4 ■知能の差

知能が低ければ殺していいという発想が人種差別になるのですね。彼らはそれを理解していない。

5 ■Re:まったく同感です。

>yuumaさん
鯨を取らないから魚が少なくなっている?!
私には事の真相は良く分かりませんが、可能性のある論ですね。
鯨は海でもピラミッドの頂上近くに立つ生き物ですから、生態系に与える影響が大きい可能性もあります。

道路は。。。北海道、九州、四国などの地方にとって高速無料はかなり死活問題です。地方の疲弊振りは本当に半端じゃないので。

今の日本では多くの対策が必要なのだと感じています。一番いらないのは、あのエコポイント制度というもの。。。あれはさっさとやめて国民にとってもっと必要な政策にお金を回してほしいと思います。

6 ■Re:知能の差

>晴彩(はるさい)さん
今の経済第一主義もその延長上にありますね。
だから、貧しい人は愚かだから人間的に扱う必要はないと彼らは強く思っている節があります。

彼らの格差主義は非常に強いものが未だにありますね。

7 ■ほんとそうですね。


ペリーが浦賀に来たのも捕鯨船の補給のために開港しろってことでした。
当時は世界中で鯨を取っていたのに。。
一説では、捕鯨反対の運動が始まったのは鯨油から石油市場へ変更したいロックフェラーのプロパガンダが元だという説を聞いたことがあります。
真偽のほどは定かではないですが、なんかありそうな気もします。
ヒステリックな運動の背後にはしかける黒幕がいそうです。

(コメントありがとうございました。!)

8 ■Re:ほんとそうですね。

>かなめんたさん
捕鯨だけが対象になるっていうのはおかしいですね。鯨がダメなら牛も豚もダメというのが当然だと思うのですが、彼らは自分たちのエゴを通すためにそういうことは言わない。
この問題は、キリスト教原理主義が密接に絡んでいると私は思っています。

コメントありがとうございます
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。