スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本はアメリカの属国とされてきた

日本を実質支配しているのは、アメリカ政府である。それは日本には普通に米軍基地があり、それをおかしいと思っていない人がいることからも分かる。

株式日記と経済展望氏のところに、ある記事が紹介されていた。

◆軍隊を駐留させているという以上の支配の実態はあるのか? 11月14日 阿修羅

米軍が日本に駐留しているという事実こそが外国の日本に対する支配の現実的実態なのであってこれを抜きにして外国人に対して諸権利を与える事でそれらの外国人が日本を支配するのではないか?などと危惧するなどバカバカしいにもほどがある。
米軍は一体何の為に日本に駐留しているのか?
米ソの冷戦なるものがあった時にはソ連に対する対抗上必要という事で納得していた向きもあるだろう。
ベトナム戦争の際にはベトナムの共産化を防ぐ為に米軍の後方支援をすべきという論法がまかり通っていただろう。
ベトナムが共産化されて何か問題があったか?
何も無い。
今は北朝鮮や中国の脅威が必要性の理由に挙げられる。
北朝鮮は確かに挑発的な動きをするし中国も軍備増強に余念が無い。
米軍の日本における駐留が必要である事を主張し易くする為に協力するがごとく。
アメリカも中国も北朝鮮も同じ人物に操られていると私は思うのだが。
日本の政治家の多くが不審な死に方をした事を皆さんはどう考えているのか?
特にアメリカに対して独立的な動きをした政治家が不審な死に方をした場合は。
暗殺者は一体どこから来たのか?
もし、CIAが暗殺をしようとした場合、それを実行させる者をどこから送り込もうとするだろうか?
暗殺対象に一番近い米軍基地から送り込むのではないか?
こんな実態には何も触れる事なく外国人の権利を向上させる事が危険だと主張する者は一体どんな感覚をしているのだろうか?
日本をなるべくアメリカだけの影響力の元に置いておきたいとアメリカは思っているだろう。
東アジア共同体にアメリカも寄せろと言っているのはその為だ。
亀井静香はCIAに暗殺されるかも知れないと言っている。
日本の現実をもっと直視せよ。
そうすれば中国とも関係強化をする事がアメリカからの独立にも役立つ事が分かるだろう。
田中角栄以来の悲願なのだ。
仮に米軍が日本から全部出ていったとして一体どの国が日本に侵略してくるというのだ。
いや、そのような軍事対立を回避させる為に東アジア共同体を作ってしまえばそれでいいのだ。
アメリカの出る幕は無くなる。
これが支配脱却のシナリオだ。
このシナリオを実現させまいとアメリカはあらゆる方法で妨害してくるだろう。
そんな事をされたらアメリカの東アジアにおける地位が低下してしまうからだ。
もうその工作は始まっている。
アメリカの軍事支配に一言も触れずに中国や「朝鮮人」による支配に警鐘を鳴らすという行為がそれだ。
アメリカの軍事支配を言えば条件反射のように中国の軍事行動は許すのか?と反論してくる。
もちろん、中国の軍事行動にも反対だ。
しかし、アメリカの在日米軍ほどの問題ではない。
これを重要性の認識の問題と言う。
この重要性の比較ができない者は工作員と思っていい。
意図的に重要性が違うものを同等として扱おうとしているのだ。
ここに意図を見抜けない者はちょっとぼおっとした人だろう。

別に中国や朝鮮を敵視するような人は工作員ではないと私は思うが、そういう人は戦後アメリカが日本を属国としてきたことに全く気付いていないのだろう。

日本にアメリカ軍の基地があり、日本がその状態を許容していること自体、めちゃくちゃおかしな話なのだ。その状態に異を唱えず、中国や朝鮮を敵視することは私にとっては全く理解しがたい。

別に中国や朝鮮がいいわけではない。ただ、アメリカほどの問題ではないのだ。アメリカに関しては米軍基地が存在することに関しておかしいと思わないほど日本人の多くは洗脳されているわけであって、その点はほかの国々が国境問題などで日本の主権を脅かそうとするとしっかり反応できているのとは明らかに違う。

物事には優先順位がある、まずはアメリカの支配から日本が脱することから行い、の本は少しずつ洗脳状態を脱しなければならないのだ。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■まず.スパイ防止法を作る事ですね。

米国が占領中、CIAの活動のために、日本にはスパイ防止法を作らせませんでした。
その上、旧ソ連や中国など共産主義計のスパイも平気で入れて、其れを旨く牛耳っていました。

占領軍が去る時も、自分たちの組織はそれなりに残して、他もそのまんまで出て行ったので、世界でただ一つスパイ防止法のない、スパイ天国と言われる国になってしまっています。
ですから、他の国より簡単に暗殺も可能な、護りの弱い国になってしまっています。

その結果、米国は勿論、他国に弱みを握られた、国会議員やマスコミや学者連中が日本中に溢れ、他国に言い様に操られている情けない国に成っています。

米国は当然として、中国も北朝鮮も、警戒は必要だと思いますね。

2 ■今までの日本は

>昼行燈さん
スパイが政権の中枢に入り込む事でアメリカにいいように操られて来ました

岸信介(首相)、正力松太郎(読売新聞社主)、児玉誉士夫(右翼の大物)ら元A級戦犯らがCIAのスパイであった事は明らかになりつつあります

スパイ防止法もそのうち制定すべきでしょうが、まずは過去の精算を行わない事には、現在のスパイに仕組みを都合よく操られてしまう事になります

まずはアメリカから離れる、つまり米軍基地の国外移転を行う事から、徐々に始めていく事が必要になります

3 ■まず、自分たちで日本を守る意思が必要ですね。

デューク様

ちょっと前のソ連が存在していたときには、「ソ連が理想だ、中国が理想だ、北朝鮮が理想だ、こんな日本は守る必要がない!」と主張していた人達で溢れていました。

ですから、まず、自分の国は自分で守ろうとする人が増えなければ、始まらないと思います。

今の人達は、上の様な何処の国の人か分らない様なひとや、攻めてきたら逃げると堂々と主張する若者も多く、自分の国を守る意識がほとんど無いが多いので、欧米の人達からは、国民として当然の意識がなく、売国奴的な人が多すぎると、陰で軽蔑されている事を自覚しなければならないと思います。

ちょっと前までは、非武装中立や自衛隊をいらないと主張していた人も沢山いた訳ですから!

また、少なくとも、旧ソ連や中国や北朝鮮より、遙かに豊かで自由な日本に生まれて生活できることに感謝をして事がどのくらいあるのでしょうか。

まずはそう言う日本にいる事に感謝をする事から始めるべきではないでしょうか。

精神世界的発想になりますが、まず日本にいる事に感謝すると言う事から始まると思います。

今のまま感謝を知らない人達の集まりの場合、30年後の日本は無くなっているかも知れませんね。

櫻井よしこさんや平松さんなども警戒していますが、中国も戦略としては日本を属国にする方向のようですしですし、

大分に成りますが、オーストラリアの首相と、温家宝だか誰だか忘れましたが、日本の話題になった時、「21世紀の中頃になったら、あんな国はなくなっている!」と言っていたそうですからね。

4 ■無題

 在日米軍・・・おっしゃられた通り他国の軍隊が駐留することは、イラクやアフガニスタンと変わりませんね。つまりUSA様が支配下に置きたいのですね。USA様に貢いでくれる拠点など日本だけだそうです。
 日本が独立国になる為には、他国の干渉を拒むだけの準備が必要です。
 今の日本は表向きはUSA様に押さえられ、内部からは反日の在日中国・半島の民、そして政治家に抑圧されています。
 独立国としては中途半端ですね。

5 ■Re:まず、自分たちで日本を守る意思が必要ですね。

>昼行燈さん
沖縄から在日米軍が撤退していけば、そのうちその必要が日本の多くの人にもわかってきます。
在日米軍は日本を守っていたわけでは全くないのですけどね。もうこれからはアメリカとはおさらばです。
アメリカはアフガニスタンと戦争したがっているので、グアムに追いやるべきです。

6 ■Re:無題

>おいらは、ちびのり。斉天大聖!さん
とりあえず、アメリカ軍が日本からいなくなっていけば、日本は徐々にそのマインドコントロールから抜け出していくことになります。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。