スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビによく出ている評論家のほとんどは全くの無能だ

テレビで経済評論家と名乗っている人たちのうち、リーマンショックを言い当てた人はいただろうか。
リーマンショック以前には経済はうなぎのぼりだなどと言っていた人ばかりではなかっただろうか。

そういうことを思い起こせば、経済評論家などというものはテレビに出ている人たちは全くの無能であることは当然分かる。

その反対にテレビにほとんど出ない人のうちには、リーマンショックを言い当てた人は少なくない。
例えば船井幸雄氏に近しい人たちには、リーマンショック以前から恐慌が起こることを予想していた人は非常に多くて(副島隆彦氏藤原直哉氏など)、多分、今の日本では経済予測に関しては最も確度が高いだろうと私は思っている。

では、なぜリーマンショック程度のことを予想できない人が経済評論家などとしてテレビに出ているのだろうか。

そういう人たちをスクリーンに映そうとするテレビとは何なのだろう、と考えると、こりゃテレビは真実を言ってはいないのだな、ということがおぼろげながら分かるものだ。というより、テレビで評論家などが言う事と反対のことが真実かもしれないという目で見るならば、テレビも役に立つのかもしれない。

そう単純に考えたほうが良いのだろうと思う。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■穿った見方 ^^

評論家など そんなものでしょう (・ε・)
現象が起こればそれに対して評論する。。。
彼らは、過去と現在から推定できる現象しか予測できないのです...ヨ。。。

彼らの仕事は、断片的な事柄を連続的に繋ぎ合わせ、理路整然と"解説"することにあるのです (*´σー`)
...と、思います σ(^_^;)

2 ■Re:穿った見方 ^^

>simpleさん
そうですね。そんなものです。彼らはテレビに出ることが商売なのですから。。
本当に経済や政治について知りたければ、今まで政治や経済についてびっくりするようなことを言い当てている人のことを参考にするのがいいのです。

少なくとも今のテレビにはそれに見合う人はほとんどいません。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。