スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中のエコノミストの多くは信頼に値しない

私は、テレビなどで大手を振ってエコノミストと自称(他称)しているような人たちは全く信用できないと思っている。

これは単純に、本当に一流のエコノミストなら一年前のリーマンショックを確実に言い当てることができたはずだからだ、と思うからだ。

そして今でもそのリーマンショックを引きずっており、リーマンショックがおこる前は12000円以上だった株価は1万円を未だに切っている。

今、エコノミストたちは、世界経済は回復し始めたなどと適当なことを言い始めている。事実は全くそうではないことは普通に暮らしていれば明らかに分かるのに、この人たちというのは何を言っているのだろうか、と思う。

結局そういう人たちがやっていることというのは、「経済を分かっているふりをしている」だけであって、本当のところは分かってはいないのだ。分かったようなポーズをとればそれに騙される人がいくらかは追随するから、そうしているわけだ。そしてそれによってお金も稼ぐこともできる。

そういうエコノミストたちなど、所詮三流以下なのであり、全く聞くに値しないのである。

反対に言えば、リーマンショックを言い当てたような人や、リーマンショック以前にサブプライムがはじけることなどを予想していた人たちは、一流の可能性を感じさせるのである。そしてそういう人たちは、今までの日本では注目されなかった。

そしてそういう一流の人たちが言っているのは、ドルの崩壊であり、アメリカ帝国の凋落である。

アメリカとはいち早く距離を置くことが、これから重要になるのだ。

アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)前議長のアラン・グリーンスパン氏は9月初め、アメリカ経済が今年第3四半期に当初予想の2.5%を上回る3%余りの成長率を記録するとの見通しを示した。
(ビル・トッテン)

早くアメリカと惜別を

グリーンスパンだけでなく楽観的な観測をするエコノミストは多く、一方で私のように悲観的な見方をする者と、いまアメリカについての観測は大きく二極化している。最悪な時期は過ぎたという者は、ダウ工業株、ナスダックといった株式市場を指しているのだろうが、見きわめなければいけないのはそれ以外の指標である。なぜならアメリカではFRBが率先して市場を操作しているからだ。

アメリカで金利政策を決定するFRBは、昨年からゼロ金利政策をとっている。これは市場に大量の資金を供給するためで、さらに景気刺激策として米国債や政府機関が発行した債券を大量に買い入れている。

トレーダーたちも、もちろんそれを知っている。市場機構を通じて公正に取引がなされると提唱する自由主義経済者たちは、実際はそうではないということを十分承知しているのだ。つまり現実は、市場でFRBが国債を買い入れ、それによって巨額の資金が市場に流れ込む。そして行き場のないお金が株式市場に流入している。これが今日のアメリカの姿なのである。

このためアメリカでは、実体経済にお金は入っていかない。ただ株式市場を膨張させ、その一方で債券市場の価格を縮小させている。つまり一つの市場の回復と、一つの市場の悪化が同時進行しているのだ。しかしアメリカの実体経済が困窮している限り、刺激策による小さなリバウンドはあるだろうが長期的に見て回復のきざしはまったく見えない。海外投資家がアメリカ金融市場から手を引くまで、つまりアメリカが債務危機になるまで、あとどれだけオバマ大統領は小切手を書き続けるのかという話になる。

アメリカの銀行は1ヶ月に1%の割合で貸し出しを減らし、そのため実体経済に必要な通貨量は金融危機以来、減少の一途をたどっている。それは当然である。経済は国民が仕事に就き、給料をもらって消費をしたり借金を返済していくという活動が伴わない限り回復することはないからだ。

今年になってアメリカ国内で95行もの銀行が破綻した。1ヶ月あたり10行以上のペースである。9月の失業統計では失業率が9.8%に上昇したが、10%を突破するのは時間の問題だとみられる。生活が苦しくなれば経済はさらに縮小し、金融分野では巨額の焦げ付きが発生する。アメリカの金融緩和、国債買取の先には何があるというのだろう。

9月末、日本の外貨準備高は過去最高の1兆525億9,800万ドルになったと財務省が発表した。この金額は何を意味するのかといえば、アメリカのサプライのなだれを喜んで吸収しようという世界の中央銀行のなかでも日本は格段の働きをしているということだ。

10月6日、イギリスのインディペンデント紙は湾岸協力会議が中国、ロシア、フランスなどと共に石油取引のドル決済をやめることを計画していると報じた。この動きも確実にドルの地位低下を促すだろう。世界の大きな変化の渦中で日本は、被害を最小にするためにも、アメリカとの惜別を早く宣言するしかない。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■拝読です

操作に貢献してる日本という図式は、
この先どんな結末を迎えるのか、
怖いです。

2 ■無題

 僕はメディアに出てくる評論家の先生方を信用でいません。
 特に政治評論家や経済評論家の先生方ですね、何を言っても責任問われないですからねぇ。現状を鑑みずに理想論を語ってもOKですからね。

3 ■Re:拝読です

>ktnpoさん
日本というより世界の金融界の多くは操作に関わっていると思います。そういう人の嘘はそのうちばれるでしょうね。

4 ■Re:無題

>おいらは、ちびのり。斉天大聖!さん
全くです。信用などできないと思っています。
そういう脈絡で言えば、テレビのコメンテーターなども全く信用できないですし、結局は自分たちで考えておかしいと思う人は遠ざけるしかないのでしょうね
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。