スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失業率低下とGDP増加

失業率が悪化しながら、GDPが増加しているということのようだが、失業者が増えながらGDPが増えるというのは変なことである。
 【ニューヨーク=池松洋】米労働省が6日発表した10月の雇用統計(季節調整済み)によると、失業率は前月より0・4ポイント高い10・2%へ上昇した。

 1983年6月以来、26年4か月ぶりに10%の大台を突破し、同年4月以来の高水準となった。市場予想(9・9%)よりも大幅に悪化した。

 7?9月期の米実質GDP(国内総生産)が今年初めてプラスに転じるなど米景気の底打ち期待が広がっているが、失業率が10%の節目を越えたことで消費者心理が悪化し、米経済への大きな重荷となる可能性が出てきた。

 非農業部門の就業者数は前月より19万人減と22か月連続で減少した。この間に失業者数は820万人増え、1570万人に達した。業種別の就業者数は、建設業が約6万2000人減となるなど全業種で軒並み減少した。

最終更新:11月6日23時6分



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

 確かに変です。実態を現わさないのがUSA経済なのでしょうかね。

2 ■Re:無題

>おいらは、ちびのり。斉天大聖!さん
アメリカ経済はいずれ立ち行かなくなることは見えているのですが、最期の悪あがきをしそうですね。。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。