スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いやり予算という詐欺的名称

在日米軍のために使われる予算のことを「思いやり予算」と呼んでいますね。

聞きなれた人でない場合は、この予算は福祉予算のように聞こえることと思います。

しかし実質は在日米軍のための軍事費です。

このような呼び方で今まで来たことは詐欺ではないでしょうか。

今、この「思いやり予算」を削減するかでもめていますが、まずは正しい名称にすることが第一歩ではないでしょうか。

事実を捻じ曲げた「思いやり予算」という名称ではなく、事実に即した「在日米軍費」とするべきだと思いますが、いかがでしょうか。

思いやり予算「仕分けを」

11月1日7時56分配信 産経新聞
 福島瑞穂消費者行政担当相は31日、在日米軍の駐留経費負担(思いやり予算)について「政府の行政刷新会議で取り組む事業仕分けの対象とし、きちんと検証して削減する方向にすべきだ」との考えを示した。宮崎市で記者団に語った。これに関し、仙谷由人行政刷新担当相は、「事業そのものは政治的な判断であり(仕分けの)対象ではない」としながらも「事業執行に大きな疑惑、問題があるのなら対象にすべきかもしれない」と述べた。静岡市内で記者団の質問に答えた。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■確かに

『思いやり』と聞くととても聞こえだけはいいですね。

沖縄の基地の問題と言い、
北方領土の問題と言い、
あたし達は普段は余り考えてなかったりしていますが、
まだまだ『戦争』は終わりそうにないですね…って果たして終わるのかって気がしています。

2 ■無題

 同感です。「思いやり予算」故に精査されて来なかったならば問題です。
 在日米軍の撤退を早急には求めませんが、表に出る予算として計上したうえで審査して欲しいです。
 軍事費だからと言って全て秘密である必要は無いと思います。

3 ■本来の

在日米軍費と後から金丸信の時代に付いたおもいやり予算があるのではなかったでしょうか。

4 ■Re:確かに

>みちさん
ずっと戦争を引きずっているのが今の日本だと思いますね。で、そのことは終わったと思わされています。
でも終わってはいなくて、未だに沖縄はアメリカの基地が土地の大部分を占めていますし、日本はアメリカによる洗脳の真っ只中にいます。
その洗脳状態を脱し、沖縄からアメリカ軍がなくなるように動いていかないと、本当に戦争は終わったことにはならないと思います

5 ■Re:無題

>おいらは、ちびのり。斉天大聖!さん
そうですね。まずは、ごまかさないことからはじめないといけないと思います。思いやり予算という名称ではごまかされている路線は全く変わりませんから。

6 ■Re:本来の

>晴彩(はるさい)さん
調べてみたところ、出す必要のないお金のようですね。時間はかかりそうですが、10年後あたりに撤廃することを目指していく必要があるように思います。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。