スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民僚について考えてみる

民僚というのは造語です。こういう言葉は実際にはありません。

国家公務員の上位を官僚というのに対して、会社員の上位を示す言葉として「民僚」という言葉を定義してみます。

構造改革と言われたものはなんだったのか、郵政民営化というものは何だったのかと考えると、構造改革で確かに官僚の力は失われた部分はあります。

郵政民営化に関してもそうです。

官から民へと単純に言ってしまうけれども、この構造改革で進められたことというのは「官僚から民僚へ」ということのように思います。それが端的に分かるのが郵政民営化です。

国民にとって本当によいものだったら、辺境の地域で郵便局がなくなったりして使い勝手が悪くなることなんてないし、それに手数料が上がったりはしません。でも、郵政民営化が進められてから、辺境の地域では郵便局が無人になったり、集配が少なくなったりしました。また手数料も高くなっています。

これは何だったのか、と考えると、「郵政に絡む利権が、官僚から民僚へ付け替えられた」といえるのではないでしょうか。だから、国民のことが考えられた民営化ではなかったし、むしろ悪くなってしまったわけです。民

営化後、郵便局はオリックスのような政商の利権の温床となってしまっています。

その結果として「簡保の宿問題」というものが表に出てきたわけですが、郵政民僚化を行った人たちにとっては、民営化は国民のためではなく民僚のために行ったことを知られたくはありません。

「官から民へ」というキャッチフレーズを国民は「官僚から国民へ」と思っていたのですが、実際には「官僚から民僚へ」だったことが民主党政権でばれつつあるのでしょう。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

 民間からの登用を完全否定しませんが、ある企業のTOPやOBを関係する省庁に登用した場合、やはり便宜を図る傾向は否定できないでしょう。また民間故に利益最優先の政策を打ち出すかと思いますが、利益最優先が必ずしも適切ではないケースもありますので、登用する方の背景を鑑みる必要があると思います。

2 ■いつもブーシュカでお世話になっておりますm(__)m

あたしとかはどうしても『民間からの人材起用』とか『官から民へ』とか聴くと、
何だか凄く開けたクリーンなイメージを持ってしまうのですが、
実際は違うようですね。

勉強になりました。

3 ■その通りです

>おいらは、ちびのり。斉天大聖!さん

利益第一に考えすぎるのも、国の仕事としては違います
国の仕事といいのは民間ではしないような事を行う事であり、民営会社とは違った視点が必要になります

また民僚ですからそちらの方に便宜を計る方向にも行きますしね

4 ■民僚という言葉にすると

>みちさん
このような物事が解りやすいですね

官から民へというキャッチフレーズは、利権の付け替えでしかないことに気付かないといけないです

民僚は官僚よりも実はたちが悪いと思いますしね

5 ■そうです

庶民の手に移るわけではありませんね、国鉄も結局は国鉄キャリアが役員を占めています。
こうして、今まで騙され続けてきたのですね。

6 ■拝読です

まったくおっしゃるとおりですね、
政治と官僚が思い切りゆちゃくしてた状況、
表の建前とは無関係ということですね。

官僚と民僚のことは戦前の日本の政治と敗戦後の日本の民主政治にも
共通していると思います、

実質は何も変わらない政治が続いているのに、
敗戦を境にまったく新しい民主主義政治が行われていると
国民は錯覚して、法文の字面fだけをおっかけまわしています。
55年体制が典型ですね。
アメリカで行われている民主政治には
似て非なる日本です、
アメリカだってもちろん真に民主でないことは
世界の現状が示していますが。

7 ■Re:そうです

>晴彩(はるさい)さん
そうですね。
官から民というフレーズに騙されてここまで来ましたが、そのフレーズの民とは庶民をあらわしていないことが段々と分かってきたこのごろだと思います。

8 ■Re:拝読です

>ktnpoさん
国民は賢くならないといけないと思います。

自分たちが利益を得るためには、国民を騙すことさえいとわない人たちがいることに気付かないといけない。

官より民がいいというのは全くの幻想で、どちらも庶民にとっては敵です。しかもここでいう民僚というのは官僚よりたちが悪いと思います。

国民が官僚にも民僚にも支配されない国を作ろうとするには、嘘を見抜くということがまずは大事だと思うのです。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。