スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧困率の公表は有効だと思う




06年の貧困率、15.7%=97年以降で最高?改善策検討へ・厚労省

10月20日13時17分配信 時事通信
 厚生労働省は20日、全国民の中での低所得者の割合や経済格差を示す「相対的貧困率」を初めて公表した。国民生活基礎調査を基に、2006年から3年ごとにさかのぼって4回分を算出した結果、06年は03年比0.8ポイント増の15.7%で、1997年以降最も高い数値だった。また、17歳以下を抽出した「子どもの貧困率」は同0.5ポイント増の14.2%だった。
 長妻昭厚労相は同日の閣議後記者会見で、今後、削減目標を設定する考えを示すとともに、「子ども手当を含めて数値を改善する政策を打ち出したい」と語った。
 相対的貧困率については、経済協力開発機構(OECD)が加盟国について定期的に算出し、公表しているが、日本政府はこれまで、正式な数値を出していなかった。民主党はマニフェスト(政権公約)で貧困の実態調査と対策を掲げていた。 


日本人というのは数字に敏感だ。日本は貧困社会になっているのは何となくわかっている事だったが、数字が示されてないのでデータを示す事ができなかった。

日本人に訴える力もあるし、また貧困が進んでいるというデータが客観的に示された事にもなる


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

数値で公表する事は分かり易いですね。
ただマスメディアが数字を煽って、数字だけが独り歩きするのは困ります。

2 ■Re:無題

>おいらは、ちびのり。斉天大聖!さん
数値は便利な部分もありますが、そればかりみて、本当のところを見ないこともあります。

今回のこの数字は現在の貧困をよくあらわしているのでいい指標だと私は思っています。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。