スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JALをダメにした元凶「航空」天下り官僚89人リスト


JALをダメにした元凶「航空」天下り官僚89人リスト

●随意契約、事業独占でヌクヌク

 会計検査院は7日、成田国際空港会社の子会社19社が08年度に発注した空港関連業務のうち、220件35億円分で、「競争入札ができるのに随意契約をしていた」として改善を求めた。07年度は関西国際空港の子会社が発注した15億円分の業務について同様の改善を指摘している。

「空港」という閉鎖的な場所を巡る業務は、とかく権益が発生しやすく、“航空一家”で仕事を仲良く独占する。当然、そこには官からの天下りがウヨウヨしている。

 官民のこうした癒着体質が、巡り巡って日本の航空業界、ひいてはJALを弱体化させてきたのだ。

 航空行政に詳しい経済ジャーナリストの藤森正敏氏がこう言う。

「航空事業は官・民の二人三脚体制でやってきた。国際線の路線権は外国との航空交渉が不可欠で、官が路線を航空会社に配分してきた。国内では官が空港を造る。官は、『自分たちが関係している仕事なのだから、人を送り込むのは当たり前』と思っているのです」

 下記表は、旧運輸省出身者(局部長以上)で航空関係の財団や企業に天下っている89人のリストだ(昨年10月時点)。これはほんの一部にすぎないし、ノンキャリ官僚まで含めればさらに人数や天下り先も広がる。

「例えば、表で6人が天下っている『空港環境整備協会』は、空港周辺の騒音対策などを主な業務としてきましたが、今では羽田や伊丹(大阪)など全国19の空港で駐車場を運営しています。空港内の駐車場ですから競争相手はいない。ボロい商売です」(航空関係者)

 航空官僚は、全国に無用な赤字空港を造り、航空会社にムリヤリ就航させ、一方で自分たちのためにオイシイ天下り先を確保し、独占的にヌクヌク過ごしてきたのだ。こういった連中や財団を食わせるために、航空会社はバカ高い空港使用料を支払わされている。これだけ小判ザメに群がられたら、JALがヘタってしまったのも当然だ。

 前原国交相が空港整備の特別会計を見直す方針を示しているが、航空業界に巣食う天下り集団も一からチェックが必要だ。

【航空関連団体へ天下った高級官僚】

◇天下り先/官僚時代の最終ポスト

◆(株)日本航空副社長/国土交通審議官

◆(株)JALグランドサービス会長/海上保安庁次長

◆(株)ジャルキャピタル監査役/(独)鉄道建設運輸施設整備支援機構代表理事

◆(財)日航財団副理事長/大臣官房付

◆全日空(株)特別顧問/運輸審議官

◆全日空(株)常務/国土交通審議官

◆全日空(株)運航本部運航サポート室/航空局首席安全・危機管理監察官

◆全日空(株)調査室参与/衆院国土交通調査室首席調査員

◆全日空(株)調査室参与/自動車検査(独)理事

◆北海道国際航空(株)社長/関東運輸局長

◆日本貨物航空(株)顧問/東京航空交通管制部長

◆日本貨物航空(株)専務/海事局船員部長

◆朝日航洋(株)顧問/電子航法研究所長

◆朝日航洋(株)常務/航空局技術部長

◆成田国際空港(株)特別顧問/運輸事務次官

◆成田国際空港(株)常務運用本部長/大阪航空局長

◆成田国際空港(株)常勤監査役/関東運輸局長

◆成田高速鉄道アクセス(株)社長/大臣官房技術審議官

◆成田高速鉄道アクセス(株)顧問/船員中央労働委員会事務局長

◆(株)NAAリテイリング社長/総務審議官

◆(株)成田エアポートテクノ社長/海上保安庁次長

◆成田空港高速鉄道(株)社長/船員中央労働委員会事務局長

◆関西国際空港(株)副社長/海上保安庁次長

◆関西国際空港情報通信ネットワーク(株)社長/気象庁次長

◆関西国際空港用地造成(株)専務/第2港湾建設局長

◆中部国際空港(株)特別顧問/自動車交通局長

◆中部国際空港(株)副社長/土地・水資源局長

◆中部国際空港(株)常務執行役員/大阪航空局長

◆大阪国際空港ターミナル(株)常務/海上保安庁灯台部長

◆日本空港ビルデング(株)顧問/海上保安庁長官

◆日本空港ビルデング(株)顧問/海上保安庁長官

◆日本空港ビルデング(株)顧問/大阪航空局長

◆日本空港ビルデング(株)顧問/東京航空局長

◆日本空港ビルデング(株)副社長/運輸審議官

◆(財)空港環境整備協会名誉顧問/海上保安庁長官

◆(財)空港環境整備協会会長/東京航空局長

◆(財)空港環境整備協会理事長/東京航空局長

◆(財)空港環境整備協会専務理事/航空大学校長

◆(財)空港環境整備協会松山事務所長/札幌航空交通管制部長

◆(財)空港環境整備協会航空環境研究センター主任研究員/札幌航空交通管制部長

◆空港施設(株)相談役/海上保安庁長官

◆空港施設(株)会長/海上保安庁長官

◆空港施設(株)社長/自動車交通局長

◆空港施設(株)専務/大阪航空局長

◆空港施設(株)上席執行役員総務部長/国土交通政策研究所長

◆AFC商事(株)社長/海上保安庁灯台部長

◆下地島空港施設(株)社長/航空局首席安全監察官

◆(独)空港周辺整備機構理事長/東京航空局長

◆福岡空港ビルディング(株)監査役/那覇航空交通管制部長

◆福岡空港ビルディング(株)副社長/国土庁官房審議官

◆東京空港交通(株)社長/船員中央労働委員会事務局長

◆定期航空協会理事長/航空・鉄道事故調査委員会事務局長

◆日本定航保全(株)社長/総務審議官

◆(財)日本航空協会常務理事/大阪航空局長

◆(財)航空振興財団顧問/官房長

◆(財)航空振興財団会長/海上保安庁長官

◆(財)航空振興財団理事長/航空・鉄道事故調査委員会事務局長

◆(財)航空科学振興財団理事長/国際運輸観光局観光部長

◆東京国際エアカーゴターミナル(株)専務/大臣官房審議官

◆(社)航空貨物運送協会理事長/東京航空局長

◆(財)航空保安研究センター理事長/大阪航空局長

◆(財)航空保安研究センター情報サービス部長/大臣官房参事官

◆(財)航空保安協会特別顧問/海上保安庁次長

◆(財)航空保安協会顧問/関東運輸局長

◆(財)航空保安協会理事長/気象庁次長

◆(財)航空保安無線システム協会顧問/国土交通事務次官

◆(財)航空保安無線システム協会理事長/大阪航空局長

◆(財)航空機安全運航支援センター専務理事/東京航空交通管制部長

◆(社)航空機操縦士養成振興協会顧問/大阪航空局長

◆(社)航空機操縦士養成振興協会専務理事/電子航法研究所長

◆(財)航空交通管制協会顧問/東京航空交通管制部長

◆(財)航空交通管制協会調査役/福岡航空交通管制部長

◆(財)航空交通管制協会担当部長/札幌航空交通管制部長

◆(財)航空交通管制協会担当部長/福岡航空交通管制部長

◆(財)航空交通管制協会担当部長/東京航空交通管制部長

◆(財)航空輸送技術研究センター専務理事/航空局技術部長

◆(独)電子航法研究所理事長/航空局技術部長

◆(株)航空システムサービス理事/那覇航空交通管制部長

◆(財)航空医学研究センター理事長/地域交通局次長

◆(財)港湾空港建設技術サービスセンター理事長/大臣官房技術総括審議官

◆(財)港湾空港建設技術サービスセンター常務理事/北海道開発局港湾空港部長

◆(財)港湾空港建設技術サービスセンター常務理事/近畿地方整備局副局長

◆(財)港湾空港建設技術サービスセンター理事/九州運輸局次長

◆(独)港湾空港技術研究所理事長/大臣官房技術総括審議官

◆(株)日本空港コンサルタンツ会長/大阪航空局長

◆(社)全国空港給油事業協会顧問/東京航空局長

◆関西国際空港給油(株)副社長/気象庁次長

◆福岡給油施設(株)顧問/福岡航空交通管制部長

(日刊ゲンダイ2009年10月9日掲載)


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■先日

日刊ゲンダイでみましたが、こういう体質なので企業努力の意識がないのでダメになるのですね。相変わらずの親方日の丸です。

2 ■Re:先日

>晴彩(はるさい)さん
こういうものが明らかになるということで、真摯に受け止めれば経営再建のチャンスでもあると思うのですが。。。

とりあえず、JALがどうなるかですが、外資が獲得できないように経営再建の糸口を見つけさせるという難しい課題を持っているように思います。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。