スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“返済猶予”亀井に激励殺到 手紙送った経営者2人を直撃


“返済猶予”亀井に激励殺到 手紙送った経営者2人を直撃

 亀井静香金融・郵政担当相がブチ上げた、借入金返済猶予(モラトリアム)制度の創設問題。金融機関が反発するなど大論争となっているが、亀井氏には3000通に迫る激励の手紙やメールが殺到しているという。亀井氏に手紙を送った企業経営者2人を直撃した。

 まず、都内で映像関連会社を20年近く経営するAさん。「亀井さんがテレビ番組で、悲惨な中小零細企業の話をしているのを見た。『庶民の目線まで下がってくれる大臣がいたのか』と感激し、手紙を書いた」と語る。

 毎年1億円近い売り上げがあったが、昨年の金融危機以降、半分に落ち込み、今年上半期に初めて赤字を計上した。スタッフらへの給与支払いなどのため、金融機関に融資の相談をしたが、貸し渋りにあったという。

 「大手銀行など冷たいもの。地元支店に申請書を提出したが、詳しい経営状況も聞かない。別の部署が書類の数字だけを見て『融資不可能』と通知してきた。地方銀行も信用組合も厳しい。苦しい時こそ金融が必要なのに…。以前は人間的な銀行員も多かったが、最近は機械的になった」

 「私は70歳を過ぎているが、融資やローンに年齢制限があるのもおかしい。融資を受けられても1回の返済額が上がっている。高齢者が最後まで元気に働ける社会にすれば、医療費の増加も抑えられるはず」

 最近、Aさんの会社には、いわゆる「トイチ」の金利で金を貸すという闇金業者のファクスが数多く届くという。

 神奈川県内で30年以上、バス会社を経営するBさんは「亀井さんには頑張ってほしい。批判している評論家やエコノミストは、中小零細企業の惨状を知らない。『代わりに経営してみろ』と言いたい」と語った。

 ここ10年ほど厳しい経営状況だったが、昨年秋以降、さらに売り上げは2割落ち込んだ。数十人の給与を支払うため、自分は半年以上も給与を受け取っていないという。

 「銀行融資を受けるため、信用保証協会に行くと『赤字だから』『リスケジュール(債務返済の繰り延べ)している』などと理由をつけて保証してくれない。保証協会は、中小企業の駆け込み寺ではなかったのか」

 「家族を合わせれば100人以上の生活がかかっている。私には会社を守る責任がある。金融機関や保証協会にも、企業を育成し、雇用を守る社会的責任があるはずだ」

 今回の騒動、どうも「モラトリアム」という言葉が一人歩きして、ハレーションを起こした面がありそう。

 AさんもBさんも「借金棒引きは求めていない」といい、「貸し渋り・貸しはがし対策でいいから実現してほしい」「3年以下でも返済猶予してくれれば助かる」と語っている。




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

 亀ちゃんの金融政策は賛否両論、否定する方が多いかな。返済猶予期間に仕事が入れば選択肢として有りだと思っているのですが、銀行の貸し渋りや貸しはがしの方が心配のようですね。
 大手銀行には公的資金が入るのに、その資金が社会で回らないのは少々不満です。

2 ■Re:無題

>おいらは、ちびのり。斉天大聖!さん
亀井さんには銀行などは大反発していますが、そういう輩はほうっておいていいです。
マスコミは郵政民営化のパンドラの箱を開けようとしている亀井さんを集中攻撃していますね。明らかに、民主党と国民新党を敵対させようとしています。
いまさらながらですが、亀井さんが小泉の代わりに総理大臣になっていれば、日本はここまで悪くなってはいなかったと思います。いまさらな話ですが。
プロフィール

翼を失った天使

Author:翼を失った天使
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。